警察の情報通信 トップページに戻る     

研究・教養

警察情報通信研究センター

 警察の情報通信に関する研究を行う機関として、警察大学校に警察情報通信研究センターが設置されています。同センターでは、現場のニーズ及び技術動向を踏まえつつ、通信、情報管理、その他警察活動に資する情報通信技術の調査・研究を行っています。


研究例1 画像解析に資する技術に関する研究
画像解析に資する技術に関する研究  防犯カメラ画像等から効率的に人物等を抽出する手法の研究を行っています。


研究例2 小型無人機の検知等に関する研究
小型無人機の検知等に関する研究  飛来する小型無人機(ドローン)を早期に発見するための検知手法等について研究を行っています。


研究例3 クラウド技術の警察情報システムへの導入に向けた調査研究
クラウド技術の警察情報システムへの導入に向けた調査研究  警察情報システムに適用可能なクラウド技術等について調査・研究を行っています


サイバーセキュリティ対策研究・研修センター

    

 犯罪の取締りのための情報技術の解析に関する研究やサイバー空間への警察全体の対処能力向上に係る研修を行う機関として、警察大学校にサイバーセキュリティ対策研究・研修センターが設置されており、解析研究室と捜査研修室の二室で構成されています。

    

解析研究室

 解析研究室では、民間の優れた知見を取り入れつつ、サイバー犯罪、サイバー攻撃に悪用され得る最先端の情報通信技術に関する研究及び各種電子機器の解析手法の確立に向けた研究を行い、研究成果を全国警察に展開しています。


研究例1 各種電子機器等の解析手法の確立に向けた研究
各種電子機器等の解析手法の確立に向けた研究  携帯電話機、スマートフォンやナビゲーション機器等、最新の各種電子機器に記録されているデータの解析手法の確立に向けた研究を行っています。


    

研究例2 自動運転車の解析手法の確立に向けた研究
各種電子機器等の解析手法の確立に向けた研究  自動車を制御する車載ネットワーク及び車載コンピュータ並びに自動運転技術に不可欠な各種センサ及びカメラ等から得られるデータについて研究を行っています。


    

捜査研修室


 捜査研修室では、全国警察においてサイバー犯罪対策やサイバー攻撃対策に従事する幹部及び捜査員をはじめとした全部門の警察職員を対象に、サイバー空間の脅威への対処能力向上を図るため、犯罪の取締りのための高度な技術的知見を修得させる研修を実施しています。


事例に基づいた実習
各種電子機器等の解析手法の確立に向けた研究  サイバーレンジを使用しての実事案を想定した演習等を通じて、より高度な技術的知見を修得させるための研修を行っています。


最新のサイバー空間情勢等の授業
最新のサイバー空間情勢等の授業  新たなサイバー空間の脅威に対処するための知識を修得させるため、部内講師のほかセキュリティ関連事業者等の部外有識者等を招聘した講義等も行っています。


附属警察情報通信学校

校舎全景

 警察の情報通信技術に関する教育訓練を行う機関として、警察大学校に附属警察情報通信学校が設置されています。
 附属警察情報通信学校では、新たに採用された職員への初任教養と各級幹部への幹部教養を行うとともに、警察情報通信施設の維持管理・運用やサイバー犯罪等の捜査を支援する上で必要となる専門的技術を修得させるため、情報管理技術、基幹通信技術、データ通信技術、移動通信技術、無線多重伝送技術、衛星・映像通信技術、電磁的記録の解析技術等の教養を行っています。


授業風景