警察の情報通信 トップページに戻る

機動警察通信隊

 災害又は事故が発生した場合、警衛・警護等の警備を実施する場合、犯罪の捜査を行う場合等においては、現場の状況を的確に把握し、指揮・命令・報告等を確実に実施することが必要不可欠です。
 警察では、管区警察局(支局)・都道府県(方面)情報通信部に機動警察通信隊を設置し、現場映像をリアルタイムに警察本部等に伝送するとともに、事案内容や現場の状況等に応じた臨時の通信施設を設置・運用するなどして、警察活動に必要な通信を確保しています。

写真

災害、事故現場における活動

 地震、台風、大雨等の災害や航空機、鉄道、船舶等による大規模な事故が発生した場合、機動警察通信隊は直ちに現場に出動し、現場映像の伝送や通信手段の確保を行います。

写真

 令和2年7月豪雨による災害においては、ヘリコプターテレビシステム、デジタル映像モバイル伝送システム、災害現場活動用映像伝送システム、無人航空機型映像撮影伝送システム等により、被災状況や警察部隊の活動状況等の映像を警察本部、警察庁、首相官邸等にリアルタイムで伝送したほか、被災地を管轄する警察署に設置された警備本部に臨時の通信施設を設置するなどの活動を行いました。また、被災地を中心に電力の供給が不安定であったことから、山頂付近の無線中継所まで非常用発電機の燃料を搬送し補給するなどして、警察通信施設の機能を維持しました。

写真

警衛・警護等の警備における活動

 警衛・警護警備や雑踏警備等の実施に当たっては、警備実施計画等に基づき、機動警察通信隊が警備実施に必要な通信手段の確保や現場映像の伝送を行います。
 具体的には、固定カメラやヘリコプターテレビシステムによる現場の状況等の映像を、衛星通信車等により警備本部等に伝送します。また、警備本部から各部隊への指揮命令系統に沿って迅速、的確に通信系を構築し、電波が届かない場合には臨時無線中継所の設置・運用を行います。

写真

事件捜査における活動

 事件捜査に当たっては、必要に応じて機動警察通信隊が直ちに現場に出動し、捜査員と連携の上、現場映像の伝送や通信手段の確保を行います。
 具体的には、固定カメラ、デジタル映像モバイル伝送システム等を設置・運用し、現場映像を撮影・伝送するほか、指揮命令系統に沿って迅速、的確に通信系を構築します。

写真

各種訓練

 各種事案への対応力強化のため、機動警察通信隊は、都道府県警察との緊密な連携の下、各種災害、事故、重大事件等を想定した実戦的訓練を反復・継続的に実施しています。
 また、犯罪の広域化、大規模災害等に対応するため、複数の都道府県等の機動警察通信隊による合同の実戦的訓練や他機関との共同訓練を実施しています。


写真