警察の情報通信 トップページに戻る     

解析能力向上のための取組

 不正プログラムを悪用したサイバー犯罪・サイバー攻撃が多発する中、それら手口の巧妙化・多様化は著しく、不正プログラムの解析には極めて高い技術力が必要となります。また、IoT機器をはじめとする新たな電子機器やそれに関連するサービスの社会への定着、スマートフォン等のアプリの多様化・複雑化、自動運転システムの実現に向けた技術開発等が進む中、最新の技術に対応できるようにするためには、解析能力の向上を図っていく必要があります。
 そのため、情報技術解析部門の職員に対し、重大なサイバー攻撃事案等の想定シナリオを用いた実戦的な訓練や、最新の解析手法等の習得訓練を実施するなど解析能力向上に向けた取組を推進しています。また、最新の解析手法等に関する調査及び研究を実施するため、国内の学術機関に職員を派遣しています。


解析能力向上のための取り組み