交通科学第二研究室

心理学や人間工学の観点から、交通事故防止に関する研究を行っている。例えば、高齢者や子どもを対象とした交通安全教育、違反者の再犯防止に関する研究、自動車運転と関係する心身機能についての研究を実施している。

高齢者の交通事故防止に関する研究

運転能力を測定する検査機器

運転能力を測定する検査機器

高齢になると、瞬時に複数の情報を取り入れることが不得意になる。このことが高齢運転者の交通事故の原因のひとつとされる一方、加齢の運転能力への影響には個人差が大きく、また、高齢者は自分の弱点を自覚して危険な運転状況を避けるなど、補償的行動をとることもわかっている。


ページの先頭へ

交通違反行動に関する研究

速度超過、運転中の携帯電話使用、シートベルトの非着用など、比較的多くみかける交通違反行為がある。運転者がこれらの交通違反を行う原因を探り、違反行動を抑止するための提案をすべく研究を行っている。

シートベルト着用の調査風景

シートベルト着用の調査風景


ページの先頭へ