気になるキーワード

時間分解分光

物質の蛍光寿命の時間差を利用して蛍光画像を取得する方法。背景の蛍光を除去して、対象物質の蛍光を得ることができる。

CCD Fingerprint法

個々のカメラに特有の雑音パターンを分析・比較することで、映像の撮影に用いられたカメラを特定することができる。

物理研究室

物理研究室では、物理学を応用した捜査鑑識技術の研究開発及び鑑定を行っている。各種画像・映像に対する解析法や画像処理法、レーザー光を用いた指紋や油類等の顕在化法、放射線計測法、電子制御システムに関連する事故解析等に関する研究、及びこれらを応用した鑑定・検査を行っている。

レーザー光を利用した時間分解分光画像法の研究開発

紫外線から赤外線まで各種レーザーを用い、指紋等の蛍光を可視化するシステムを開発している。レーザー光を用いると試料を非破壊に検出できる利点がある。さらに、時間分解分光法を用いることで、指紋が付着した物質の蛍光を抑え、指紋の蛍光のみを効率良く検出することができる。また、フェムト秒レーザー装置を用いて、2光子励起現象による指紋のイメージング法の研究も行っている。

ナノ秒波長可変レーザーシステム

ナノ秒波長可変レーザーシステム
右下図は本システムで撮影した指紋の蛍光画像

フェムト秒2光子励起レーザーシステム

フェムト秒2光子励起レーザーシステム
右上図は本システムで撮影した指紋の蛍光画像


ページの先頭へ

画像鑑定法に関する研究開発

画像解析ソフトウェア

画像解析ソフトウェア
物理研究室で開発したソフトウェアを用いて、画質改善処理を行っている例。(a)処理前、(b)従来法による結果、(c)マルチフレーム超解像処理による結果

各種カメラで撮影された画像・映像について、被写体の身長や走行速度等の物理量の計測、撮影カメラの識別(CCD Fingerprint法)、不鮮明画像の画質改善処理や復元処理、撮影されている物体の異同識別や歩容による人物の異同識別、着衣や車両ナンバープレート等の文字判読、画像合成の有無の識別などの各種画像鑑定法について、研究開発を行っている。


ページの先頭へ