気になるキーワード

捜査心理学

心理学の研究方法を犯罪の捜査に応用し、従来、警察官の経験により行われていた事件についての情報の評価や利用の方法の客観性を高めようとする学問領域。犯罪者プロファイリングに関する研究、人質事件に関する研究や取調べに関する研究等が例である。

捜査支援研究室

行動科学の視点から、犯罪の捜査を支援するための研究を行っている。最近では、被疑者・成人被害者等に対する面接手法に関する研究、犯罪者プロファイリングに関する研究、人質事件に関する研究を行っている。

被疑者や成人被害者等に対する面接手法に関する研究

知的障害を有する人々に適切な配慮をするために、知的障害者をスクリーニングすることを目的として、簡易心理検査のタブレット版を開発している。

被疑者及び成人被害者等に対する面接について、我が国の法体系や文化に考慮しつつ、行動科学の観点から研究を行っている。取調べ官、被害者、取調べを経験した受刑者を対象とした質問紙調査、一般人を対象とした模擬取調べ実験といったアプローチにより、我が国の警察における面接技術について実証的に検討している。


ページの先頭へ

犯罪者プロファイリングに関する研究

統計的プロファイリング

統計的プロファイリング
犯罪情報のデータベースから、被害者の特徴、犯行中の言動、犯罪手口の反復性等に着目し、犯人像を定量的に推定する。

凶悪事件に関する行動科学の研究を行っている。連続して発生している性犯罪、放火、通り魔等の事件について、同一犯による犯行か否かの判定方法や、犯人の特徴及び居住地等を推定する方法の研究を行っている。


ページの先頭へ