警察の情報通信 トップページに戻る

電磁的記録の解析

デジタル・フォレンジック

デジタルフォレンジックの概要

 犯罪に悪用された電子機器等に保存されている情報は、犯罪捜査において重要な客観証拠となる場合があることから、犯罪捜査の現場では、電磁的記録の解析が必要不可欠となっています。このため、警察庁では、犯罪の立証のための電磁的記録の解析技術やその手続、すなわちデジタル・フォレンジックに係る取組の強化を行っています。
 具体的には、犯罪の取締りのための技術支援体制を整備するとともに、電磁的記録の解析に係る知見の集約・体系化、人材育成等により、電子機器等を解析する能力の強化を行っています。また、海外の関係機関との情報共有を通じた国際的な技術動向の把握、民間企業との間で技術協力協定を締結するなど、各方面との連携強化も推進しています。


デジタルフォレンジックに係る取組
デジタルフォレンジックに係る取組

犯罪の取締りのための技術支援体制

技術支援体制
技術支援体制

 携帯電話、スマートフォン、コンピュータ等の電子機器が一般に普及し、あらゆる犯罪に悪用されるようになってきており、犯罪の取締りにおいても高度な技術的知見が必要となっています。
 このため、警察では、警察庁情報通信局、管区警察局・都道府県(方面)情報通信部に情報技術解析課を設置し、都道府県警察の活動を技術的に支援する体制を整備しています。


解析

 都道府県(方面)情報通信部の情報技術解析課では、都道府県警察からの要請を受け、捜索・差押え、検証等における情報通信技術に関する支援業務、押収等された携帯電話、スマートフォン、パソコン等に蔵置された電磁的記録の解析業務を行っています。
 また、警察庁情報通信局情報技術解析課に設置された「高度情報技術解析センター」では、犯罪捜査における技術支援の中核として、都道府県(方面)情報通信部では対応できない、破損した電磁的記録媒体からの情報の読み取りや隠蔽された情報の抽出・解析、コンピュータウイルス等の不正プログラムの解析等を行っています。