警察の情報通信 トップページに戻る

警察情報通信基盤

警察基幹通信網

 警察活動を行う上で警察情報の的確な伝達は必要不可欠であり、大規模災害発生時等においても通信を途絶させない必要があります。東日本大震災においても、電気通信事業者回線が不通となる中、警察情報通信はその機能を維持しました。
 警察では、独自に整備・維持管理している無線多重回線(マイクロ回線)、電気通信事業者の専用回線、衛星通信回線等の多様な回線により、警察庁から管区警察局、都道府県警察本部、警察署、交番・駐在所を全国的に結んでいます。これらの回線を基盤として、警察電話、移動通信システム、通信指令システム、警察情報管理システム等の各種情報通信システムを整備しています。
 また、無線多重回線(マイクロ回線)等の2ルート化やIP化を図るほか、全国情報通信部の職員が、回線や各種情報通信システムの状況を常時監視し、緊急時の応急措置を取るなどの維持管理を行うことにより、高い信頼性・耐災害性を実現しています。


概略図