警察の情報通信 トップページに戻る

機動警察通信隊

写真

 災害、事故、重大事件等が発生した場合や警衛・警護警備を実施する場合、そして身近な犯罪の捜査を行う場合において、現場の状況を的確に把握し、指揮・命令・報告等を確実に実施することが必要不可欠です。
 このため、警察では、管区警察局・都道府県(方面)情報通信部に機動警察通信隊を設置し、警察本部と現場警察官との間の指揮命令や連絡が円滑に行われるよう、現場映像をリアルタイムに伝送するとともに、事案内容や現場の状況等に応じた臨時の情報通信システムを構築・運用するなど、必要な通信を確保しています。

災害、事故現場における活動

 地震、台風、大雨等の災害や航空機、鉄道、船舶等による大規模な事故が発生した場合、機動警察通信隊は直ちに現場に出動し、現場の警察活動に必要な通信手段の確保を行います。
具体的には、現場の状況を空から撮影するヘリコプターテレビシステム、現場の映像や音声を警察本部等へ伝送するデジタル映像モバイル伝送システム、災害現場活動用映像伝送装置、衛星可搬設備や衛星通信車、現場活動を行う警察官同士や警察本部等との間の通話を確保する臨時無線中継所の運用等を行います。

写真

 平成29年7月九州北部豪雨において、機動警察通信隊は衛星通信車やヘリコプターテレビシステム、映像伝送装置等を運用して、流木を伴う河川の氾濫により倒壊、冠水した家屋等被災現場の状況や広域緊急援助隊による救助、捜索活動の状況等の映像をリアルタイムで警察本部、警察庁、首相官邸等に伝送したほか、被災地における部隊活動の円滑化のため、東峰村役場において臨時の通信施設の設置等を行うなど、各種通信対策を実施しました。

写真

警衛・警護警備における活動

 警衛・警護警備や各種雑踏警備の実施に当たっては、あらかじめ計画された警備実施計画に基づき、機動警察通信隊が警備実施に必要な通信の確保を行います。
 具体的には、現地本部や各部隊への迅速かつ的確な指揮命令系統を確保するため、臨時の無線通信系を構築し、電波が届かない場合であれば臨時無線中継所の運用等を行います。また、警備対象の周囲の状況等を警備対策本部等で把握するとともに、雑踏事故を未然に防ぐため、固定カメラやヘリコプターテレビシステム等による映像を伝送するための活動を行います。
 平成29年中、天皇皇后両陛下が御臨席のために行幸啓された第68回全国植樹祭、第72回国民体育大会及び第37回全国豊かな海づくり大会においては、所要の映像を警察庁等へ伝送するとともに、臨時無線中継所を運用して電波が届かない場所での無線機等による通話を確保するなどし、両陛下の御身辺の安全確保や歓送迎者の雑踏事故防止に貢献しました。また、トランプ・アメリカ合衆国大統領来日に伴う警護警備においても、臨時に設置した固定カメラやヘリコプターテレビシステム等による映像を警備本部へ伝送するなど、各種情報通信対策を行い、要人の身辺の安全確保及び行事の円滑な遂行に貢献しました。

写真

事件捜査における活動

 略取誘拐事件、人質立てこもり事件等の重大事件が発生した場合、機動警察通信隊は直ちに現場に出動し、捜査員と連携の上、人質等の安全に配意しつつ、慎重かつ的確に事件捜査の活動に必要な通信の確保を行います。
 具体的には、現場の状況を撮影するためのテレビカメラや撮影した映像を伝送するための映像伝送装置、現場の状況等によっては、臨時無線中継所、ヘリコプターテレビシステム等の運用等を行います。
 このような活動により第一線警察活動を強化し、被疑者の検挙や国民の安全・安心の確保に貢献しています。

写真

各種訓練

 機動警察通信隊は各種事案への対応力強化のため、都道府県警察との緊密な連携の下、各種災害、事故、重大事件等を想定した実戦的な教育訓練を反復・継続的に実施しています。
 また、犯罪の広域化や大規模災害に対応するため、他県等の機動警察通信隊と合同の教育訓練を実施しています。


写真