警察の情報通信 トップページに戻る

警察情報管理システム

 警察情報管理システムは、警察庁や都道府県警察に設置するコンピュータと、これらを結ぶデータ通信回線から構成される全国規模のものであり、第一線警察活動の支援、犯罪捜査活動の支援、迅速な警察行政への貢献、関係機関との連携の円滑化等、様々な警察活動を支えています。

第一線警察活動の支援

 警察庁のコンピュータに盗難車両、行方不明者等に関する情報をあらかじめ登録しておき、様々な照会に対して即時に回答することで、第一線警察活動を支えています。

犯罪捜査活動の支援-1

 あらかじめコンピュータに登録されている指掌紋のデータと、照会した指掌紋のデータが一致しているか短時間で自動照合する指掌紋自動識別システムによって、犯罪捜査活動を支えています。

犯罪捜査活動の支援-2

 犯罪統計、犯罪手口、被疑者写真、DNA型等の各情報を取り扱うシステムを統合し、蓄積された情報を総合的に分析することを可能にする情報分析支援システムによって、第一線の捜査活動を支えています。

犯罪捜査活動の支援-3

 犯罪による収益の移転防止に関する法律に規定する疑わしい取引に関する情報を国家公安委員会・警察庁で集約、整理・分析して、捜査機関等への的確な情報提供を行い、犯罪による収益の移転防止、テロリズムに対する資金供与の防止に活用されています。

迅速な警察行政への貢献-1

 運転免許証に関する情報を警察庁のコンピュータで管理することにより、運転免許証の即日交付、不正取得の防止、点数制度に基づく適正な行政処分の実施等の警察行政を支えています。

迅速な警察行政への貢献-2

 銃砲刀剣類所持等取締法に基づく猟銃、空気銃の所持許可に関する情報の管理を行い、不適格者の排除、盗難銃の早期発見等に活用されています。

関係機関との連携の円滑化

 外国人指名手配被疑者等に関する情報を関係機関に提供し活用する情報システムを構築し、関係機関との連携の円滑化を図っています。

情報システムの業務継続性の確保

 災害発生時においても、災害応急対策業務を行いつつ、情報システムの機能等を継続できるよう業務継続性の確保に係る取組を推進しています。
 具体的には、非常時に優先度の高い業務に係る情報システムについて、バックアップによるデータの消失の回避や、通信サービスの停止に備えた通信回線の冗長化、運用・保守要員の確保等、情報システムの機能確保のための対策に取り組んでいます。