警察の情報通信 トップページに戻る

警察情報管理システム

 警察情報管理システムは、警察庁や都道府県警察に設置する情報システムと、これらを結ぶデータ通信回線から構成される全国規模のものであり、第一線警察活動の支援、犯罪捜査活動の支援、迅速な警察行政への貢献、関係機関との連携の円滑化等、様々な警察活動を支えています。

第一線警察活動の支援

 指名手配被疑者、行方不明者、盗難車両等に関する情報を警察庁に登録することにより、第一線の警察官からの照会に即時に回答し、第一線警察活動を支えています。

犯罪捜査活動の支援-1

 被疑者から採取した指掌紋と、犯人が犯罪現場に遺留したと認められる指掌紋をデータベースに登録して自動照合を行う指掌紋自動識別システムを運用し、犯罪捜査活動を支えています。

犯罪捜査活動の支援-2

 犯罪発生状況のほか、犯罪手口、犯罪統計等の犯罪関連情報を地図上に表示し、その他様々な情報とも組み合わせることで、総合的に分析する情報分析支援システムによって、第一線の捜査活動を支えています。

犯罪捜査活動の支援-3

 犯罪による収益の移転防止に関する法律に定める疑わしい取引の届出制度により事業者がそれぞれの主管行政庁に届け出た情報は、国家公安委員会・警察庁が集約して整理・分析を行った後、捜査機関等に提供され、マネーロンダリング事犯の捜査等に活用しています。

迅速な警察行政への貢献-1

 運転免許証に関する情報を全国一元管理することにより、運転免許証の即日交付、不正取得の防止、点数制度に基づく適正な行政処分の実施等の警察行政を支えています。

迅速な警察行政への貢献-2

 銃砲刀剣類所持等取締法に基づく猟銃、空気銃の所持許可に関する情報の管理を行い、不適格者の排除、盗難銃の早期発見等に活用されています。

関係機関との連携の円滑化

 来日する旅客及び乗員に関する情報と関係省庁が保有する要注意人物等に係る情報とを入国前に照合することのできる情報システムを導入し、入国管理の厳正化と国際犯罪等に係る捜査・調査の効率化を図っています。

情報システムの業務継続性の確保

 災害発生時においても、災害応急対策業務を行いつつ、情報システムの機能等を継続できるよう業務継続性の確保に係る取組を推進しています。
 具体的には、非常時に優先度の高い業務に係る情報システムについて、バックアップによるデータの消失の回避や、通信サービスの停止に備えた通信回線の冗長化、運用・保守要員の確保等、情報システムの機能確保のための対策に取り組んでいます。また、これらの対策の実効性を維持改善していくため、具体的な場面を想定した定期的な教育訓練の実施を推進しています。