警察の情報通信 トップページに戻る

警察の情報通信

組織図

警察情報通信の業務

 警察の情報通信では、全国のあらゆる事件、事故及び災害の発生時に直ちに対応できるよう、警察の「神経系統」である情報通信基盤を整備し、24時間体制で運用しています。
 また、全国の都道府県警察が必要とする情報を共有できるよう警察庁のデータベースに情報を登録し、一元的な管理を行う警察情報管理システムを構築することで、被疑者の早期検挙や運転免許の即日交付等、第一線警察活動の支援や行政サービスの向上に取り組んでいます。
 さらに、最近の急速な情報社会の進展に伴い、電子機器があらゆる犯罪に利用されるとともに、サイバー犯罪・サイバー攻撃といったサイバー空間の脅威も増大していることから、それらについて技術的な側面から対処しています。

警察情報通信の組織

 警察情報通信の組織は、警察庁情報通信局を頂点として、管区警察局情報通信部、東京都警察情報通信部(多摩通信支部を含む。)、北海道警察情報通信部(方面情報通信部を含む。)、府県情報通信部、都道府県警察情報管理課から成っています。また、警察の情報通信に関する研究や教育訓練を行う機関として、警察大学校に警察情報通信研究センター、サイバーセキュリティ対策研究・研修センター及び附属警察情報通信学校が設置されています。