警察の情報通信 トップページに戻る

映像通信

 警察では、大規模な事故や災害が発生した場合は、現場の状況を的確に把握するため、機動警察通信隊によって撮影された現場の映像やヘリコプターテレビシステムにより撮影された現場上空からの映像を、衛星通信車、衛星可搬設備等を利用して、関係警察本部、警察庁等に伝送しています。また、これらの映像は、首相官邸にも伝送することが可能であり、政府の初動対応にも役立てられています。
 こうした設備は、デジタルハイビジョン化されており、高精細な現場の映像情報を確実に取得して伝送し、より的確に現場状況を把握することが可能となっています。

概略図