TOP

若手職員の声

北海道警察情報通信部 機動通信課 係員
平成31年入庁(無線従事者資格)

現在の業務内容は?

現在、警察専用の電話システムや、事件事故の際に通報者から110番を受理し必要な指令を警察官に行うための通信指令システムの保守等の業務を行っています。

警察庁を選んだ理由は?

私は、工業高校でコンピュータのメカニズムや電子回路、テレビ・ラジオ等の無線通信について学びました。また、第一級陸上無線技術士の資格を保有しており、これらの知識を生かせる仕事に携わりたいと思い、自身の知識や技術を生かすことができる警察庁を選択しました。

近畿管区警察局 京都府情報通信部 情報技術解析課 係員
平成31年入庁(国家公務員一般職(大卒程度))

現在の業務内容は?

私は現在、京都府警察の警察官に対して、情報通信技術やサイバー犯罪の捜査手法・解析手法に関する研修を行っています。教える立場に立つからには自分自身も日々勉強が必要ですが、その結果として警察全体のサイバー犯罪に対する捜査能力の向上に繋がるため、とてもやりがいを感じています。

警察庁を選んだ理由は?

より幅広いフィールドで仕事ができると思ったからです。例えば、今私は自身の担当業務に加え、警察官と捜索差押現場へ行ったり、事件の証拠品の解析を行ったりしています。一方で仕事が変われば警察無線や各種システムの保守や、災害時には第一線で通信確保をします。このように幅広いフィールドで国民の安心安全を支えるというところに、やりがいと魅力を感じ志望しました。

中国四国管区警察局 山口県情報通信部 機動通信課 係員
平成31年入庁(国家公務員一般職(高卒者))

現在の業務内容は?

私は現在、警察組織の電話設備等の維持管理、警察無線通信機器の保守をはじめとした警察通信関係を主に担当しています。警察通信は国民の安全・安心に深く関わっているので、平素からの保全業務はもちろん、非常時には迅速かつ的確に対応をしなければなりません。組織の生命線である警察通信の維持管理に携われることが誇りです。

職場の雰囲気を教えてください!

 情報通信部は活気があり、連携を大切にしています。一つの誤りが警察通信に重大な支障を引き起こしてしまう場合もあります。そのため複数人で声を掛け合いながら連携作業をするので、自然と職場全体に活気が出ています。

National Police Agency