犯罪被害者等施策

犯罪被害等に遭われた方へ
警察庁

ギュっとちゃんの
画像使用について

私のことを御存じでしょうか。
私は、皆様が犯罪被害にあわれた方やご家族等の問題をより身近なものとして意識していただけるように、被害者等の支援活動の象徴として活用いただけたらイイなぁと、平成22年度に438点の応募をいただき、工藤和久様(青森県)の作品が選ばれて誕生しました。
作品コンセプトは「優しさと思いやりのハートを抱く癒しのキャラクターで犯罪被害者等支援を象徴的に表現しました。暖色系の色は元気、幸福、希望を明るくイメージしました。」です。
私も早速支援活動に参加させていただいたのですが、愛称がなかったことから、平成25年度に2,113点の応募をいただき、平良涼夏様(石川県)の「ギュっとちゃん」に決まりました。
私は、犯罪被害者等支援のシンボルマークとしていろんな場面に登場させていただいていますが、これからも、もっと皆様に知っていただきたいんです。国民の皆様が私を知っていただくことをきっかけに犯罪被害者等の問題をもっと身近なものとして意識して頂きたいのです。
被害者支援に関わっている方へのお願いです。私をもっともっと支援活動に参加させてください。いろんなお知らせやパンフレットにも参加したいです。お願いします。

ギュっとちゃん

「ギュっとちゃん」の支援活動について

犯罪被害者等支援シンボルマーク「ギュっとちゃん」は、下記項目のいずれかに該当する場合を除き、犯罪被害者等支援活動のポスター、チラシ、パンフレット、WEBサイト 等の広報媒体等への表示等を通じて、支援活動に参加することができます。
「ギュっとちゃん」に支援活動に参加してもらいたいという方は、下記担当まで御連絡 ください。

※「ギュっとちゃん」の参加が認められない場合
警察庁犯罪被害者等施策担当参事官室
03-3581-0141(代表)