種類に戻る

ギャンブル必勝情報提供名目


~主な手口~
数字選択式宝くじ(ロト6など)の当せん番号
パチンコ(パチスロ)必勝法  公営ギャンブル必勝法
をあなただけに教えると持ちかけてきます!
 【 具体的な手口 】
  雑誌やインターネット記事、電話やメールなどで
       「パチンコ、パチスロの必勝法」
       「公営ギャンブルの必勝法」
を教えると持ちかけ、その情報によって多額の配当金が得られるものと信じ込ませ
       「会員としての登録料が必要」
       「配当金の●%を保証金として事前に支払ってほしい」
などと言い、お金を振り込ませるなどさせます。

  ウソの情報を教えた上、これがハズれたときは
       「直前に監査が入り、裏操作ができなかった」
       「内部で情報漏洩が起こり、急遽中止することとなった」
などと説明した上で
       「損失補填のため、さらに高配当の情報を教えるので、スペシャル会員に登録してほしい」
       「確実に●●万円以上勝てる方法を教えるので、保証金として▲▲円を払ってほしい」」
等と、追加してお金を要求する手口もあります。


宝くじの当せん番号が事前に分かることはありません!
 【 具体的な手口 】
  犯人は被害者に対して電話で
       「数字選択式宝くじ(ロト6など)の当せん番号が事前に分かる」
       「当せん番号は機械で操作されていて、当たり番号が決まっている」
などと言った上で
       「今回の当せん番号は『11、22、33、・・・』なので、明日の新聞で確かめてみてください」
と、あたかも事前に当せん番号を知っているかのように思わせて
       「●●●人の中から選ばれた方にのみ情報を提供する」
       「今回は2等の●●万円が当たるので、その●%を供託金として事前に支払ってほしい」
などと言い、お金を振り込ませるなどさせます。

  お金をだまし取った後も、さらに犯人から
       「情報料が集まらないため抽選会ができないので、追加で●●万円払ってほしい」
として追加の支払いを求められたり、ウソの当せん番号情報を教えられた上で
       「情報漏洩があり抽選会が中止となった」
       「次は1億円が当たる情報を教えるので、●●万円を事前に納めてほしい」
などと言い、その後もお金を要求され続けることがあります。

 数字選択式宝くじ(ロト6)などの当せん番号は 抽選日の翌日の新聞などに掲載されます
 犯人は、抽選日当日、抽選会場やインターネットなどで宝くじの当せん番号を知った上で、被害者に対してその当せん番号を伝え、翌日の新聞で確認するよう仕向けることで、あたかも事前に当せん番号が分かっているかのように見せかけているのです。
 
抽選から新聞等への掲載までの間の時間差を利用して、当せん番号が事前に分かるというウソを信じ込ませているのです。
・ 注意喚起リーフレットは こちら

「将来かならず価値があがる」 「限られた人にしか買えない」 「倍の値段で買い取る」 「名義を貸してほしい」 「権利を譲ってほしい」 「代わりに買ってくれれば謝礼を払う」 「名義貸しは違法だ」 「裁判になり資産が差し押さえられる」 「口座が凍結される」</font>

こんな言葉が出たら    詐欺を疑ってください!!!  
 


種類に戻る