電子マネーで支払わせる振り込め詐欺に注意!!
 サイトの利用料や退会手続料などの名目で電子マネー(プリペイドカード)を購入させ、ID(カード番号)を教えるよう要求するなどの手口が増えています。
  「サイトの料金未納」 「退会手数料の支払い」 などの名目で、コンビニエンスストアなどで電子マネー(プリペイドカード)を購入させ、そのID(カード番号)などを電話やメール、FAXなどで知らせるよう要求して、そのカードの額面分のお金(利用権)をだまし取るという手口です。
 店頭で販売しているプリペイドカードのほか、コンビニエンスストアなどのマルチメディア端末を操作させて申込用紙を印刷させ、電子マネーを購入させるという手口もあります。 
相手にID(カード番号)を教えることは、相手にカードの金額を渡すことと同じです。    
 ・ 通常、業者が直接に電子マネーのID(カード番号)などを要求してくることはありません。 
 ・ 「電子マネーを買って、ID(カード番号)を教えろ」という要求は詐欺を疑ってください。  
 電子マネーに関する消費者トラブルについての関係機関の取組状況は、下記のウェブサイトでご覧いただけます。 

 ・ 独立行政法人 国民生活センターのウェブサイトは こちら

 ・ 一般社団法人 日本資金決済業協会のウェブサイトは こちら
 
 
メインページ に戻る