警察におけるITS

ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)とは、最先端の情報通信技術等を用いて人と道路と車両とを一体として構築することにより、交通管理の最適化等を図り、道路交通の安全性、輸送効率、快適性の飛躍的向上を実現するとともに、渋滞の軽減等の交通の円滑化を通し環境保全に大きく寄与する等、真に豊かで活力ある国民生活の実現に資するものです。

警察は道路交通の管理者として、道路交通における安全と円滑を図り、交通公害の防止という目的を達成し、「安全・快適にして環境にやさしい交通社会」の実現を図るため、ITSを積極的に推進しています。

ITSに関する研究開発や実用化は、我が国をはじめ、世界各国で推進されています。我が国におけるITSでは、ITS-Japanが中心となって、官産学が協力しながら進められています。

UTMS-警察のITS-


警察庁は、ITSの一環として、交通の安全と円滑、環境の保護等を目指した新しいシステム―UTMS(Universal Traffic Management Systems:新交通管理システム)の研究開発及び実用化・整備を推進しています。

UTMSとは、光ビーコン等を用いた、個々の車両と交通管制システムとの双方向通信等の高度な情報通信技術により「安全・快適にして環境にやさしい交通社会」の実現を目指すシステムであり、警察庁ではITCS(高度交通管制システム)を中心に以下のサブシステムの整備等を推進しており、これらのシステムを有機的に連携した最適な交通管理を目指しています。

光ビーコンの写真
光ビーコン
車載装置と双方向通信が可能でUTMSのキーインフラとして整備が進められている。

高度交通管制システムの写真
高度交通管制システム
現在の交通管制システムを、より高度にしたUTMSの中核となるシステム

交通情報提供システムの写真
交通情報提供システム
ドライバーに交通情報を提供するシステム

公共車両優先システムの写真
公共車両優先システム
バスなどの公共車両の優先通行を確保するシステム

車両運行管理システムの図
車両運行管理システム
商用車などの車両運行管理を支援するシステム

交通公害低減システムの図
交通公害低減システム
自動車排ガスや騒音などの交通公害を低減するシステム

安全運転支援システムの図
安全運転支援システム
周辺の交通状況等を視覚・聴覚情報により提供するシステム

緊急通報システムの図
緊急通報システム
運転中の事故等、緊急事態発生時に救援機関へ位置情報通報を発信するシステム

歩行者等支援情報通信システムの図
歩行者等支援情報通信システム
高齢者や視覚障害者・車いす利用者等に適時適切な情報を提供するシステム

現場急行支援システムの図
現場急行支援システム
緊急車両を優先的に走行させる信号制御を行うことで、現場に到着する時間短縮と、緊急走行起因の交通事故防止を目的としたシステム

信号情報活用運転支援システムの図
信号情報活用運転支援システム
交差点到着時における信号灯火の情報を提供するシステム

接続機関における自動車からの緊急通報の取扱いに関するガイドライン

接続機関における自動車からの緊急通報の取扱いに関するガイドライン(32KB)(2018年5月11日)