文字サイズ変更

ひょっとして詐欺かも…
不安を感じたら相談電話へ

相談電話

#9110

MENU

城島茂特別防犯支援官が福島県警察年末特別警戒に参加!県民に特殊詐欺被害防止を呼び掛け!

~ストップ・オレオレ詐欺47家族の絆作戦~

2021年12月吉日

城島支援官

警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、特殊詐欺被害を防止するため、2018年より、全国47都道府県警察と共に広報啓発活動を行っています。
この度、城島茂特別防犯支援官が、福島県警察年末特別警戒に参加しました。城島支援官は、福島県警察本部長や福島県知事らとともに、特殊詐欺などに対する年末の特別警戒として、福島駅前に設置されたATMや福島駅内商業施設を視察しながら福島駅周辺のパトロールを行い、県民に対し特殊詐欺への注意を呼びかけました。

イベントレポート

城島支援官「家族の絆を大事にして家族で詐欺から身を守ることが大切です」

まず始めに城島支援官は福島県警察本部を訪問し、福島県警察本部長らと懇談をした後、記者会見を行いました。自身の特別防犯支援官としての活動や、福島県が特殊詐欺被害件数や被害額が東北でワースト2位であることについて質問された際、城島支援官は「私たちSOS47のメンバーは、『ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~』というテーマを掲げて、全国各地のイベントなどに参加し、特殊詐欺被害の撲滅に向けて活動しています。また、イベント以外にもCMやラジオ、ポスターなどを通して、より多くの方々に特殊詐欺被害防止を呼び掛けています。福島県内の特殊詐欺被害状況を見て私もとても驚きました。被害件数の7割が中通りです。犯罪集団はアクセスの良い場所に集中し特殊詐欺をはたらいているので、私たちは、家族の絆を大事にして家族で詐欺から身を守ることが大切です。こうして呼び掛けることで、1件でも犯罪件数が減ってほしいと思っています。悲しい詐欺被害に遭わないように、皆さんが明るく年を越せるように、今よりも密に家族同士で連絡を取り合って、ちょっとした機微に気づけるような家族の在り方、コミュニケーションの取り方を大事にしてほしいです。こまめに連絡をとり、家族の体調の変化や生活の変化に気付けるようになってほしいです。」と述べました。
また、特殊詐欺の被害を防ぐ方法について「少しでも怪しいと感じたら、一度電話を切って、家族や警察に相談することや、防犯機能付きの電話機を設置することが特殊詐欺を防ぐ有効な手段です。また、福島県では『POLICEメールふくしま』というメールがあり、特殊詐欺をはじめとする様々な情報を届けています。携帯電話で簡単に登録できるので、ぜひ登録してください。」と呼び掛けました。
その後、記者からの質問で福島県への思いを聞かれた際、城島支援官は「このコロナ禍のなかで、第二の故郷といっても過言ではない福島県を訪問して、特殊詐欺被害防止について発信できて嬉しいです。福島県の皆さんからは、正直者が必ず勝つということを教わりました。福島県の皆さんが一丸となって特殊詐欺被害撲滅に向けて真っ直ぐな気持ちで取り組んでいってほしいと思います。」とメッセージを送りました。

年末特別警戒として福島駅周辺で県民に特殊詐欺被害防止を呼び掛け

記者会見の後、城島支援官は福島県の年末特別警戒として、福島駅前に設置されたATMや福島駅内商業施設の視察を行いました。ATMコーナーでは、立ち寄った人に啓発用のチラシを配りながら、特殊詐欺被害防止を呼び掛けました。また、福島駅前の防犯・交通ボランティアに向けて、「これから日々寒さも厳しくなってきますが、皆さん体調に気を付けながら福島県の治安を守ってください。」と激励の言葉を述べました。
さらに、駅周辺の通行人に対して、城島支援官は立ち止まりながら特殊詐欺被害防止を呼び掛けました。

城島支援官 城島支援官

開催概要

  • 催事名:福島県警察年末特別警戒
  • 実施日:2021年12月10日(金)
  • 実施会場:福島駅周辺
  • 出席者:
    「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(SOS47)
    警察庁 特別防犯支援官 城島 茂 氏

不安を感じたら
ご相談ください

電話窓口

  • 警察相談専用窓口#9110
  • 消費者ホットライン188
  • 未公開株通報専用窓口
    (日本証券業協会)
    0120-344-999