文字サイズ変更

ひょっとして詐欺かも…
不安を感じたら相談電話へ

相談電話

#9110

MENU

杉良太郎特別防犯対策監が全国地域婦人団体連絡協議会を表敬訪問「”自分は騙されてしまう“という危機感や意識を持って過ごしてほしい」

~ストップ・オレオレ詐欺47家族の絆作戦~

2021年4月28日

杉良太郎特別防犯対策監と全国地域婦人団体連絡協議会

警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察と特殊詐欺被害を防止するための広報啓発活動を行っています。
この度、杉良太郎特別防犯対策監が、特殊詐欺被害防止の啓発活動として全国地域婦人団体連絡協議会(以下:地婦連)を表敬訪問しました。令和2年における特殊詐欺の認知件数、被害額は元年に比べて減少しているものの、今なお高い水準を保っていることに対して、「”自分は騙されてしまう“という危機感や意識を持って過ごしてほしい。」と訴えました。

訪問先レポート

櫻井よう子会長『目を向けていただき感謝している』

先ず初めに地婦連の櫻井よう子会長から杉対策監に感謝の花束が贈られ、その後の挨拶で櫻井会長は「地婦連は今年で終戦後70周年を迎えた歴史ある団体で、全国各地でボランティア活動をしております。この度は地婦連に目を向けていただき、特殊詐欺被害防止の啓発にお越しいただいて大変感謝しております。」と述べました。
挨拶を受け、杉対策監は「特殊詐欺防止の啓発活動を続けているところであり、被害は減少してきているものの、今なお高水準で発生しています。騙されないと思っていても騙されてしまうのが特殊詐欺の特徴。地婦連の会員の方々には全国各地において、特殊詐欺に気を付けてということを伝えていってほしいです。」と特殊詐欺被害防止の啓発活動の協力を要請しました。

伍代夏子支援官とAKB48武藤十夢支援官

杉対策監『 ”自分は騙されてしまう“という危機感や意識を持って過ごしてほしい』

杉対策監が挨拶を述べた後、杉対策監と櫻井会長は特殊詐欺被害防止策について懇談を行いました。
その中で杉対策監は、近年、家族とのコミュニケーション不足により寂しい思いをしている高齢者が、犯人に電話で優しくされることで犯人のことを信じきってしまい、どれだけ注意喚起を受けても詐欺だと気付くことができないというケースが発生していることについて、「このようなケースを防ぐことは難しいが、家族の絆や地域の結束を深めることで、何としても防がなければなりません。」と語りました。
杉対策監の主張に対し、櫻井会長は「寂しいと思わせないよう、人とふれあっていただく必要がある。例えば、公民館でご飯を作り、若い人たちがそれを高齢者に配膳したり、赤ちゃんや子供たちの面倒を地域の高齢者がサポートしたりするなど、地域住民の交流の場作りに取り組んでいきたいです。」と述べました。杉対策監は「このような社会貢献活動をぜひ地婦連の皆さんをはじめ多くの女性たちにご協力いただきたい。」と改めて地婦連への協力を求めました。

懇談後、杉対策監は質疑応答において“緊急事態宣言が出され家で過ごすことがより多くなる中で、特殊詐欺について特に気を付けていかなければならないことは何か”という質問に対し、「自分は騙されないと安易な気持ちでいると、騙されてお金を取られてしまう。“自分は騙されない“と思うのではなく、”自分は騙されてしまう“という危機感や意識を持って過ごしてほしいです。そして、家族も高齢者を見守ってほしいです。」と答えました。

伍代夏子支援官
伍代夏子支援官とAKB48武藤十夢支援官

実施概要

  • 催事名:
    全国地域婦人団体連絡協議会 表敬訪問
  • 実施日:
    2021年4月23日(金) 13:00~14:00
  • 実施会場:
    全国地域婦人団体連絡協議会 全国婦人会館内 2階 大会議室
  • 出席者:
    全国地域婦人団体連絡協議会会長 櫻井 よう子氏
    警察庁 特別防犯対策監 杉 良太郎 氏

不安を感じたら
ご相談ください

電話窓口

  • 警察相談専用窓口#9110
  • 消費者ホットライン188
  • 未公開株通報専用窓口
    (日本証券業協会)
    0120-344-999