文字サイズ変更

ひょっとして詐欺かも…
不安を感じたら相談電話へ

相談電話

#9110

MENU

「払戻し金がある」「キャッシュカードを取り替える必要がある」は詐欺!

県や市区町村などの自治体や税務署の職員などと名乗り、医療費などの払い戻しがあるからと、キャッシュカードの確認や取替の必要があるなどの口実で自宅を訪れ、キャッシュカードをだまし取る詐欺です。

キャッシュカードの確認・取替が必要だと信じ込ませた上で、その後、銀行協会等を名乗る犯人から電話があり、「キャッシュカードを取りに行く」「手続きのため暗証番号を教えてほしい」などと情報を要求してきます。

こんな電話に
注意しよう

  1. 詐欺師1

    医療費(保険料)の払戻しがありまして、振り込みのためには今お使いのキャッシュカードを変更する必要があります。

  2. 被害者

    どうすればよいですか?

  3. 詐欺師1

    のちほど、銀行協会の方から手続きについてお電話で ご案内いたします。

  4. 被害者

    ありがとうございます。

  5. 詐欺師1

    新しいキャッシュカードを作るので、今からキャッシュカードを自宅に取りに行きます。 手続きのため暗証番号も教えていただけますか?

  6. 被害者

    わかりました。XXXXです。

要注意ポイント

他にも、大手百貨店や家電量販店の店員などを名乗り「あなた名義のキャッシュカードで買物をした犯人がいます」という場合や、自治体職員を名乗り「コロナウイルスの関係で給付金が支給されます」などと電話をかけてくることもあります。いずれも自宅を訪れ、キャッシュカードをだまし取る手口です。

被害を防止するために… 自治体、銀行協会などの職員が暗証番号を聞いたり、
キャッシュカードを預かりに来ることは絶対にありません。

  • 常に留守番電話機能を設定しておく
  • 迷惑電話防止機器を利用する
  • おかしいな…と思ったら家族に相談してみましょう。

不安を感じたら
ご相談ください

電話窓口

  • 警察相談専用窓口#9110
  • 消費者ホットライン188
  • 未公開株通報専用窓口
    (日本証券業協会)
    0120-344-999