警察庁 採用情報サイト
トップページ トップページ 総合職(技術系)とは総合職(技術系)とは女性職員の声女性職員の声
採用Q&A採用Q&A 各種パンフレット 各種パンフレット アクセス/お問合せ アクセス/お問合せ

業務説明会業務説明会・OB訪問 官庁訪問 官庁訪問 インターンシップ インターンシップ




業務説明会event



その他採用説明会予定

平成29年

5月13日(土)

省庁共同説明会(内閣人事局主催・予約推奨)

       

(参考)内閣人事局サイト

5月17日(水)

1次試験合格者向け警察庁独自説明会(*)

5月19日(金)

1次試験合格者向け警察庁独自説明会(*)

6月10日(土)

1次試験合格者向け警察庁独自説明会(*)

6月19日(月)

1次試験合格者向け警察庁独自説明会(*)

6月27日(火)

1次試験合格者向け警察庁独自説明会(*)

6月29日(木)

1次試験合格者向け警察庁独自説明会(*)

7月3日(月)

官庁訪問直前対策会(*)

       

(*)詳細は後日掲載します。





OB訪問visit old boy

 OB訪問を希望される方は、infocom@npa.go.jp宛てに以下の事項を記載し、メールにてお申し込み下さい。後日担当から日程調整の連絡をさせていただきます。
1 氏名
2 年齢
3 職業
4 出身大学・学部(学生の方は学年も記載)
5 興味のある分野(例:交通、サイバー等)





官庁訪問welcome to our office

 警察庁では、国家公務員採用総合職試験(院卒者試験及び大卒程度試験)(以下の試験区分を参照)の最終合格者を対象に、官庁訪問(採用面接)を実施しています。






 ☆官庁訪問体験談はこちら!
 *人事院のWebサイトも参考にしてください。
  



インターンシップinternship


 警察庁では、毎年、警察行政への理解を深めてもらうため、理系の大学生、大学院生の皆様を対象としたインターンシップを実施しております。
 平成28年度のインターンシップは以下のとおり実施しました。

①女子学生霞が関インターンシップ


 内閣人事局が主催する女子学生対象のインターンシップに警察庁(技術系)も参加しました。

 <女子学生霞が関インターンシップ実施概要>

実習内容

基調講演、グループワーク等
(参考:平成27年度)基調講演として、警察庁職員等による講義を聴講していただき、その後、講義内容を踏まえ、「犯罪被害に遭わない安全・安心な社会の実現に向けた技術の活用」について、グループワーク形式による検討・提案を実施していただきました。

実施時期

平成28年8月29日(月)~9月2日(金)の前半2日間
(1日目:内閣人事局、4~5日目:国土交通省(技術系))

実施場所

警察庁(千代田区霞が関2-1-2)

参加者数

約20名
(参考:平成27年度)19名


 <女子学生霞が関インターンシップグループ>
番号 8/29(月) 8/30(火)、8/31(水) 9/1(木)、9/2(金)
内閣人事局 内閣府 総務省
金融庁 法務省
警察庁(事務系) 防衛省(事務系)
農林水産省(事務系) 厚生労働省
国税庁 税関
特許庁(技術系) 防衛装備庁
警察庁(技術系) 国土交通省(技術系)

②警察庁インターンシップ(技術系)2016


 警察庁単独でもインターンシップを実施しました。こちらは、男女関係なく募集させていただきました。
 平成28年度の実施概要は次表のとおりとなっています。
 

 <警察庁インターンシップ(技術系)2016>

実習内容

基調講演、グループワーク、施設見学等
(参考:平成27年度)基調講演として、警察庁職員等による警察行政に関する講義を聴講していただき、その後、講義内容を踏まえ、「技術を活用した警察活動の高度化」について、グループワーク形式による検討・提案を実施していただきました。

実施時期

平成28年9月5日(月)~9月7日(水)

実施場所

警察庁及び関係警察機関

募集人数

約20名
(参考:平成27年度)17名

対象者

以下のすべてに該当する者
○ 総合職技術系の採用を志望する者
○ 本邦に所在する大学等の学生である者
○ 日本国籍を有する者
○ 意欲、成績、人物、素行等に優れ、服務規律を
 遵守することが確実であると大学等が推薦した者


 <参考:平成28年度の実習の様子>

(参加者の声)

○普段見ることのできない警察庁の業務に触れ、理系が活躍できるフィールドの多さを知ることができた。
○官公庁は固いイメージがあったが、話しやすく質問もしやすい雰囲気の職員ばかりで、印象が変わった。
○総合職の業務とはどういうものか、自分には何が足りないのかについて理解することができ、非常に有意義だった。