このページの本文へ移動

皇宮警察本部概要

概要

皇宮警察本部は、天皇皇后両陛下や皇族各殿下の護衛と皇居、御所、御用邸などの警備を専門に行う警察です。職員は、皇宮護衛官、警察庁事務官及び警察庁技官で構成され、身分はいずれも国家公務員です。

皇宮警察本部は、明治19年 (1886年) 、 宮内省に皇宮警察署として誕生しました。その後、幾多の組織的な変遷を経て、昭和29年 (1954年) 新警察法制定に伴い警察庁の附属機関となり、「皇宮警察本部」 と改称されて現在にいたっています。 創立以来、皇室守護を目的とした国家機関で、大きな使命と伝統を持つ機関です。

勤務地

勤務地は主として東京都にある皇居及び赤坂御用地ですが、下図のように、1都1府4県に勤務地があります。

組織図

皇宮警察本部の組織は2部10課、4護衛署及び皇宮警察学校によって構成されています。護衛部は天皇皇后両陛下・皇族各殿下の護衛を担当しており、警備部と4護衛署が皇居・赤坂御用地・各御用邸・京都御所及び正倉院などの安全を確保するための警備を行っています。