第5章 公安委員会制度と警察活動の支え 

2 警察の予算と装備

(1)警察の予算
 警察の予算は、警察庁予算と都道府県警察予算から成る。このうち、警察庁予算には、国庫が支弁する都道府県警察に要する経費と補助金が含まれる。平成21年度の国民一人当たりの警察予算額は約2万9,000円であった。
 
警察の予算
 
図5-7 警察庁予算(平成21年度最終補正後)
図5-7 警察庁予算(平成21年度最終補正後)
Excel形式のファイルはこちら
 
図5-8 都道府県警察予算(平成21年度最終補正後)
図5-8 都道府県警察予算(平成21年度最終補正後)
Excel形式のファイルはこちら

(2)警察の装備

〔1〕 車両の整備
 警察用車両として、パトカー、白バイ等が全国に約4万2,000台整備されている。
 平成21年度は、子ども・女性等の安全対策、重要犯罪等の検挙、大規模災害等緊急事態への対応等のための車両を増強した。
 
パトカー
パトカー

〔2〕 装備品の整備と開発改善
 21年度は、大規模災害等緊急事態への対応装備品のほか、振り込め詐欺対策、薬物・銃器犯罪対策、環境犯罪対策、組織犯罪対策等のための装備品を整備した。
 また、最先端の科学技術を導入するなどして装備品の開発と改善を進め、業務の効率化と高度化を図っている。

 第2節 警察活動の支え

前の項目に戻る    次の項目に進む