やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用

運転中のスマートフォン・携帯電話等使用の危険性

 スマートフォンや携帯電話は、インターネット、メール、ゲーム等ができて、通話機能に加えて私たちの生活に欠かすことのできない大変便利な機能を持つものになっています。
 一方、運転中にスマートフォンの画面を注視していたことに起因する交通事故が増加傾向にあり、いわゆる運転中の「ながらスマホ」が社会問題となっています。
 自動車等を運転しながらのスマートフォン等の注視・通話やカーナビゲーション装置等の注視は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、歩行者や他の車に衝突するなど、重大な交通事故につながり得る極めて危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成28年中)

1.平成28年中の携帯電話使用等に係る交通事故は1,999件発生しており、5年前(平成23年)と比較すると約1.6倍となります。
  特に、スマートフォン等の画面を見たり操作したりして起きた事故(以下「画像目的使用の事故」という。)は、約2.3倍となります。
2.平成28年中に死亡事故は27件発生しており、そのうち画像目的使用の事故は、17件と死亡事故全体の約63.0%を占めています。




 注:画像をクリックするとPDFファイルのダウンロードページへ移動します。

自動車が2秒間に進む距離

 下の表は、自動車が2秒間に進む距離を示したものです(運転者が画像を見ることにより危険を感じる時間は運転環境により異なりますが、各種の研究報告によれば、2秒以上見ると運転者が危険を感じるという点では一致しています。)。
 時速60キロで走行した場合、2秒間で約33.3メートル(注)進みます。
 その間に歩行者が道路を横断したり、前の車が渋滞などで停止していたら事故を起こしてしまう可能性があるのです。

注:秒速(m/s)=時速(km/h)÷3.6で算出。小数点第2位以下四捨五入。

警察等の取組

1.取締りの実施
  全体で年間約700万件の取り締まりを行っている中、運転中の携帯電話使用等については、年間約100万件の取締りを実施しています。
  
 (参考)平成29年度交通安全業務計画においても、運転中の携帯電話使用等の取締りの徹底を図ることが定められています。

2.関係機関・団体等との連携
  警察では、運転中におけるスマートフォン・携帯電話等の使用の危険性を訴えるため、関係機関・団体等と連携して、広報啓発活動を推進しています。また、平成29年春の全国交通安全運動においても、「運転中のスマートフォン等の操作等の禁止の徹底」が全国重点に関する推進項目として設定されています。

   
  注:画像をクリックするとPDFファイルのダウンロードページへ移動します。

条文・罰則等

1・道路交通法
 (運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

2.罰則等
 (1) 携帯電話使用等(交通の危険)
   罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
   反 則 金  大型12千円、普通9千円、二輪7千円、原付6千円
   基礎点数 2点
 (2) 携帯電話使用等(保持)
   罰  則 5万円以下の罰金
   反 則 金  大型7千円、普通6千円、二輪6千円、原付5千円
   基礎点数 1点

留意事項

1.交通の方法に関する教則「自動車の運転の方法」一部抜粋
  走行中に携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりすることにより、周囲の交通の状況などに対する注意が不十分になると大変危険です。走行中は携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりしてはいけません。また、携帯電話などについては、運転する前に電源を切ったり、ドライブモードに設定したりするなどして呼出音が鳴らないようにしましょう。
2.携帯電話などを使用する場合
  どうしても携帯電話などを使用しなければいけないときは、必ず安全な場所に停車してから使用してください。

リンク集

内閣府(交通安全普及啓発事業等)
政府広報オンライン(その一瞬が交通事故に!こんなに危険!運転中の「ながらスマホ」)
政府インターネットテレビ(危ない!運転中のながらスマホ)
・一般社団法人日本自動車工業会
 (自工会・「ながら運転」防止広報啓発キャンペーンの実施について)
 (運転中のながらスマホNO!)