科学警察研究所における公的研究費の管理・監査に関する取り組みについて

科学警察研究所では、平成19年2月15日文部科学大臣決定(平成26年2月18日改正)の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき、以下の取り組みを行っています。

1 機関内の責任体系の明確化

運営・管理に関わる者の責任と権限の体系を明確化するために、「競争的資金経理事務取扱及び不正使用等の防止に関する規定」に基づき、運用を行っています。
なお、最高管理責任者及び統括管理責任者は、下記のとおりです。 

最高管理責任者:所長

・競争的資金の不正使用防止対策を総合的に推進

統括管理責任者:総務部長

・競争的資金の運営管理、会計監査及び使用ルール遵守の教育等の事務を統括

2 不正防止計画策定への取り組み

最高管理責任者は、その直轄機関として不正使用調査委員会等の各種委員会を設置することができ、不正防止計画の策定を検討することとしています。

3 情報の伝達を確保する体制の確立

不正行為に係る情報について、機関内からの相談・通報を受け付ける窓口を設置し、最高管理責任者に適切に伝わる体制を構築しました。

ページの先頭へ