警察庁
話してみよう、聞いてみようけいさつのこと
メールマガジン登録・解除
警察の装備・施設の歴史
ホーム 警察活動の変遷 警察官の1日
50周年記念事業紹介
警察クイズ
お知らせコーナー
警察の歴史-警察の情報通信システム
123456789101112

110番の誕生

 終戦直後までの犯罪通報は、主として被害者→派出所・駐在所→警察署→府県警察部(又は警視庁)の順で、通報され、必要な緊急手配が行われていました。このため、電話の中継だけでもかなりの時間を費やし、手配や処理に大きな支障を来していました。そこで旧警察法の施行(昭和23年3月)に際し、逓信省に申し入れを行い、協議を行った結果、110番制度は、昭和23年10月1日から6大都市(東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸)及び逓信局所在都市(札幌、熊本)において実施されることになりました。当初、東京等では「110番」の3桁数字で、大阪、京都及び神戸では「1110番」の4桁数字であったことから、昭和35年までに「110番」に番号を統一しました。
[警視庁旧総合指令室の完成(昭和32年3月)]
もどる つづき
警察庁HPへ
現行警察法施行50周年記念