警察庁
話してみよう、聞いてみようけいさつのこと
メールマガジン登録・解除
警察の装備・施設の歴史
ホーム 警察活動の変遷 警察官の1日
50周年記念事業紹介
警察クイズ
お知らせコーナー
警察の歴史-制服、パトカー、白バイ
1234567891011121314151617

パトカーの沿革

パトカーの外観上の一番の特徴である白黒ツートンの塗装については、昭和23、4年頃、自治体警察の一部にジープ等の車両の全体を白色にしたものが見られたものが、未舗装道路がほとんどであった当時の道路事情からくる車体の汚染が激しかったことから廃止され、自治体警察であった警視庁が米国のパトカーを参考にして在来の黒色セダン型車両を基本に白黒ツートンを採用し、昭和30年には全国的に統一され、現在に至っています。  また、赤色警光灯やサイレンについても一般通行車両からの視認性等の観点から順次改良を加えてきており、赤色警光灯については、当初の集光式のものから円筒型の回転式警光灯の時代及び棒形の散光式警光灯の時代を経て、現在のV型(ブーメラン型)散光式警光灯に至っており、サイレンについては、当初はモーター式であったものが現在ではアンプ式になっております。
もどる つづき
警察庁HPへ
現行警察法施行50周年記念