警察庁
話してみよう、聞いてみようけいさつのこと
メールマガジン登録・解除
警察の装備・施設の歴史
ホーム 警察活動の変遷 警察官の1日
50周年記念事業紹介
警察クイズ
お知らせコーナー
警察の歴史-制服、パトカー、白バイ
1234567891011121314151617

パトカーの沿革

一般的に言われるパトカーとしては、地域警察活動に使用する無線警ら車及び小型警ら車、並びに交通取締活動に使用する交通取締用四輪車があり、警察庁では、平成15年度末現在で全国に約7,900台のパトカーを整備しています。
 歴史的に言えば、日本の警察にパトカーが導入されたのは、昭和25年6月に当時自治体警察であった警視庁に初めて3台の無線警ら車が配置されたのが最初とされています。

発足当時のパトカー[昭和25年]
もどる つづき
警察庁HPへ
現行警察法施行50周年記念