北朝鮮による拉致容疑事案について Suspected Abduction Cases by North Korea 北朝鮮による拉致容疑事案について

 アベック拉致容疑事案(福井県)


 昭和53年(1978年)7月7日、福井県小浜市において、地村保志(ちむら やすし) さん(当時23歳)が婚約者である濵本富貴惠(はまもと ふきえ) さん(当時23歳)とともにデートに行くと言って軽貨物自動車で外出したまま帰宅しなかったもので、当該自動車は、海岸付近の展望台でキーを付けたままの形で発見されました。
 警察では、関係者から事情を聴取し、付近の聞き込みや類似事件との比較などを行い、さらに関係各機関との情報交換など、必要な捜査を行った結果、北朝鮮による拉致容疑事案と判断しています。

※地村さん、濵本さんは平成14年(2002年)10月15日、日本に帰国され、婚姻届を提出されました。これにより、濵本さんは地村富貴惠さんとなられました。

※警察は、目撃者等からの情報提供を求めるため、事案発生当時の写真を掲載しています。

※警察は、地村さん夫妻拉致の実行犯である北朝鮮工作員・辛光洙について、逮捕状の発付を得て国際手配を行うとともに、外務省を通じて、北朝鮮に対し、身柄の引渡しを要求しています。

福井県警察本部へ
情報提供のメールはこちらへ