令和2年度交通安全ファミリー作文コンクールの結果

募集についてはこちら→ 交通安全ファミリー作文コンクール

1 事業の概要

(1)この事業は、各家庭や学校、地域等において交通安全に関する話し合いを進めることにより、国民一人一人の交通安全意識の一層の高揚を図り、交通ルールの遵守と正しい交通安全マナーの実践の確保に資すること等を目的として、昭和54年度から行っており、今回で42回目となりました。

(2)募集は、令和2年7月11日から9月10日まで行いました。 応募総数は、小学生の部が626点、中学生の部が3,563点の合計4,189点となりました。

(3)優秀作品は、審査会(審査員は、学識経験者等)の審議を経て選出しました。

(4)審査員

  • 小学生の部
    • 星 忠通   安全教育研究所所長
    • 宇田川 光雄 目白大学非常勤講師
    • 平林 久美子 全国公立小・中学校女性校長会会長
    • 入谷 誠   一般財団法人全日本交通安全協会専務理事
    • 幸田 徳之  一般財団法人日本交通安全教育普及協会専務理事
    • 寺本 耕一  内閣府政策統括官(政策調整担当)付参事官(交通安全対策担当)
    • 石塚 哲朗  文部科学省総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課長
    • 佐野 裕子  警察庁交通局交通企画課長
  • 中学生の部
    • 鈴木 春男  千葉大学名誉教授
    • 溝端 光雄  自由学園最高学部非常勤講師
    • 三田村 裕  全日本中学校長会会長
    • 吉岡 耀子  交通・環境ジャーナリスト
    • 野村 義人  公益財団法人三井住友海上福祉財団専務理事
    • 石塚 哲朗  文部科学省総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課長
    • 佐野 裕子  警察庁交通局交通企画課長

2 各部の受賞者(敬称略)

[最優秀作] 内閣総理大臣賞(2点)

(1)小学生の部

  4年生 小林 朋生(群馬県長野原町立中央小学校)「ぼくはおじいさんの先生になる」

(2)中学生の部

  2年生 白根 美里(大分県臼杵市立南中学校)「思いやりの連鎖が生み出す交通安全」

[優秀作] 国務大臣・国家公安委員会委員長賞(9点)

(1)小学生の部

  • 1年生 本田 千真(徳島県吉野川市立学島小学校)「みぎ、ひだり、みぎはたいせつだ」
  • 2年生 本田 紫乃(徳島県吉野川市立学島小学校)「おうだん歩どうってすごいな」
  • 3年生 青木 真(栃木県那須塩原市立東小学校)「父との自転車二人旅」
  • 4年生 佐藤 める(千葉県松戸市立六実第三小学校)「弟に教えられた交通ルール」
  • 5年生 岩佐 葵(栃木県宇都宮大学共同教育学部附属小学校)「手を挙げることから始めよう」
  • 6年生 上月 優果(神奈川県横浜市立すみれが丘小学校)「自分の命は自分自身で」

(2)中学生の部

  • 1年生 中川 円(富山県滑川市立滑川中学校)「自転車と私」
  • 2年生 武田 凌輔(愛媛県松山市立旭中学校)「安全機能の罠」
  • 3年生 八尾 祈力(徳島県阿波市立土成中学校)「阿波の黄走りと心のゆとり」

[優秀作] 文部科学大臣賞(2点)

(1)小学生の部

  • 2年生 籾山 香都(東京都墨田区立両国小学校)「まもろうよひょうしきと交通安全」

(2)中学生の部

  • 3年生 五十川 智也(兵庫県関西学院中学部)「ロードバイクと願い」

[佳作] 警察庁交通局長賞(22点)

(1)小学生の部

1年生
  • 手嶋 勇仁(愛知県名古屋市立表山小学校)「ぼくのつうがくろ」
  • 峯元 晴輝(鹿児島県鹿児島市西陵小学校)「どうろのるうる」
  • 宮野 涼也(香川県多度津町立四箇小学校)「とまれ」
2年生
  • 小原 康仁(栃木県那須塩原市立東小学校)「あんぜんにわたる「ワープゾーン」」
  • 園山 周(鹿児島県鹿児島市立西陵小学校)「じぶんのいのちはじぶんでまもる」
3年生
  • 大恵 朱実(兵庫県西宮市立南甲子園小学校)「よそくすることの大切さ」
  • 垣谷 優翔(千葉県松戸市立六実第二小学校)「車にもソーシャルディスタンスを!!」
  • 星野 南奈(徳島県美馬市立脇町小学校)「自分の手で」
4年生
  • 早川 真妃呂(和歌山県智辯学園和歌山小学校)「新しい自転車と交通安全」
  • 細倉 千寿(静岡県浜松市立三方原小学校)「ここからはじめよう」
5年生
  • 太田 光志朗(愛知県一宮市立千秋南小学校)「みんなヘルメットをかぶろうよ」
  • 川本 一翠(福井県越前市武生南小学校)「父の交通事こ」
  • 長江 梨央(和歌山県田辺市立田辺第二小学校)「交通事故が起きないための工夫」
6年生
  • 伊賀﨑 望(福岡県宗像市立自由ヶ丘南小学校)「私に出来る事」
  • 黒丸 茉莉音(鹿児島県霧島市立陵南小学校)「運転をやめる勇気」
  • 昌浦 花怜(宮城県聖ドミニコ学院小学校)「ハンドルを握る人の責任」

(2)中学生の部

1年生
  • 岡田 歩(長野県千曲市立屋代中学校)「祖父の願い」
  • 松田 紫瑛(群馬県沼田市立薄根中学校)「高齢者ドライバーについて」
  • 横山 月乃(福井県勝山市立勝山南部中学校)「安心してもらえるような運転を」
2年生
  • 吉本 由唯(福井県立高志中学校)「「ヒヤリ」から命を守る」
    ※吉本の吉は土の下に口。
3年生
  • 岡安 瑠璃(千葉県柏市立逆井中学校)「思いやること」
  • 中島 菜乃(岡山県倉敷市立東陽中学校)「今私達にできること」

3 最優秀作受賞者への表彰伝達

群馬県、大分県警察本部において、最優秀作受賞者への表彰伝達式が執り行われました。

  • 小学生の部:令和3年2月10日(水) 群馬県警察本部

  最優秀作表彰伝達式の様子1(群馬県)  最優秀作表彰伝達式の様子2(群馬県)

  千代延警察本部長から伝達されました。

 

  • 中学生の部:令和3年1月27日(水) 大分県警察本部

  最優秀作表彰伝達式の様子1(大分県)  最優秀作表彰伝達式の様子2(大分県)

  竹迫警察本部長から伝達されました。

 

※例年1月に開催される交通安全国民運動中央大会において表彰されていますが、令和3年については新型コロナウイルス感染症の影響のため、同大会が中止になりました。

4 令和2年度交通安全ファミリー作文コンクール優秀作品集

 入選作品を、「令和2年度交通安全ファミリー作文コンクール優秀作品集」としてまとめました。

 

※本作品集に掲載する作文は、作者の体験に基づくオリジナリティを尊重する見地から、明確な誤字等以外は原文のまま掲載しています。