全ての座席でシートベルトを着用しましょう

自動車に乗ったら必ずシートベルトを着用しましょう!

全ての座席でシートベルトを着用しなければなりません。(道路交通法第71条の3)

後部座席については、高速道路(高速自動車国道又は自動車専用道路)での違反は、行政処分の基礎点数1点が付されます。

シートベルト非着用による被害の拡大は被害者の過失とされるため、被害者であっても、損害賠償等の場面で十分な補償が受けられなくなる可能性があります。(事例)

後部座席シートベルトを着用しましょう!

後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、

  • 自分自身の大きな被害
  • 車外放出
  • 前席同乗者への加害

などの危険性があります。

後部座席でのシートベルトの着用は、自分自身だけではなく、 同乗している家族や友達を守ります。

車に乗ったら前席も後席もシートベルトを着用しましょう。

※ 6歳未満の子供や、シートベルトを適切に着用できない子供はチャイルドシートを使用させましょう。 

後部座席シートベルト非着用の危険性

  1. 車内で全身を強打する可能性があります。
    事故の衝撃で、あなたはすさまじい力で前席や天井、ドア等にたたきつけられることになります。仮に、時速60kmで進んでいる車が壁等に激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃を受けます。
  2. 車外に放り出される可能性があります。
    衝突の勢いが激しい場合、後席から車外に放り出されることがあります。車外に放り出されると、堅いアスファルトに体をぶつけたり、後続車両にひかれることで、最悪の場合は命を落としてしまいます。
  3. 前席の人が被害を受ける可能性があります。
    衝突の勢いで後席の人が前方に投げ出されると、前席の人はシートとエアバッグではさまれ、頭に大けがをすることなどにより、命を奪われることもあります。後席の人がきちんとシートベルトを着用することは、前席の人の命を守ることにも繋がっています。

JAFによる衝突実験の様子

JAFによる衝突実験の様子

下記のリンク先には衝突実験の映像資料があります。

命を守る 後部座席シートベルト!~被害者にも加害者にもならないために~

警察庁では、後部座席シートベルト着用徹底のための交通安全教育用映像を作成しました。 広報・啓発等に広くご利用ください(全編再生:19分)。

  • 再生にはWindows Media Player等の映像再生ソフトが必要です。
  • 以下の文字(青)をクリックすると再生されます。
  • ファイルサイズが大きいのでブロードバンド回線での視聴か、文字を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し、パソコンにあらかじめダウンロードして視聴することをおすすめします。
  • 当該動画の内容の全部または一部を無断で、放映すること(WEB含む)、営利目的での使用は禁止致します。

シートベルトの着用状況について(平成28年)

シートベルトの着用率は、運転席及び助手席の着用率はともに90%台を超えていますが、後部座席同乗者の着用率は一般道で36.0%(前年比+0.9ポイント)、高速道路等で71.8%(同+0.5ポイント)で、運転者、助手席同乗者に比べ低い状態でした。後部座席を含め全ての座席でシートベルトの着用を徹底しましょう!

シートベルト着用に関する統計資料(平成28年中)

~非着用時の致死率は着用時の約14.5倍!~

シートベルト非着用時の致死率(死傷者数に占める死者数の割合)は、着用時の場合の約14.5倍高くなっています。

参考

シートベルトの正しい着用方法について

シートベルトは正しく着用しなければ効果がありません。下の絵のとおりに正しく着用しましょう。

seatbelt_method

seatbelt_method_pregnant

道路交通法第71条の3

  1. 自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。
    (後略)
  2. 自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。
    (後略)

事例

事例1

被害者が交通整理の行われている見通しの良い交差点で、加害者運転の自動車と被害者運転の自動車との出会い頭の衝突により、被害者が車外放出されて死亡した事故では、シートベルト非着用等の被害者過失が認められ、80%の過失相殺が認められた。
(東京地裁平成元・4・7交民集22巻2号267号)

なお、「過失相殺」とは、損害賠償の請求が発生する場合に、その損害の発生又は増大について賠償の権利者(被害者等)にも過失があれば、裁判所は、賠償責任の有無及び損害額を定めるについてその過失を考慮することをいいます
(民法722条第2項等)。

事例2

交通整理の行われていない交差点において、A車とB車とが衝突し、その衝撃でA車の助手席にシートベルト未装着の状態で同乗していた被害者が車外放出されて死亡した事故では、シートベルト非着用等の被害者過失が認められ、15%の過失相殺が認められた。
(静岡地裁平成4・5・18交民集25巻3号615頁)