未曾有のテロ ~オウム真理教事件の爪痕~

地下鉄サリン事件

オウム真理教は、国家権力の打倒を掲げテロ集団化し、サリンを用いて無差別大量殺人事件を引き起こしました。未だに多くの方が後遺症に悩まされています。

松本サリン事件   平成6年6月27日発生  死者8人  負傷者約140人
地下鉄サリン事件  平成7年3月20日発生  死者13人  負傷者5,800人以上

焦点第260号「オウム真理教~反社会的な本質とその実態~」(平成12年2月)
焦点第288号-平成30年回顧と展望-(平成31年3月)
オウム真理教による一連の凶悪事件と最近の動向を掲載しています。
リーフレット「地下鉄サリン事件って知っていますか?」
公安調査庁ホームページ「地下鉄サリン事件から26年」