警察庁トップページ採用案内

【警察庁警察官(スペシャリスト候補)】
 警察庁では、国家公務員採用一般職試験(大卒程度、行政区分)の合格者から、警察行政の各専門分野(生活安全、刑事、交通、警備)において実務に精通した「治安のスペシャリスト」たる人材を育成するため、警察庁警察官(スペシャリスト候補)を採用しています。

【「治安のスペシャリスト」として】
 警察庁警察官(スペシャリスト候補)は、それぞれの専門分野において、警察庁では豊富な第一線での勤務経験を生かして地に足の着いた政策を立案するとともに、都道府県警察では本部の部長、課長等の立場においてこうした政策の実現を通じて政策の改善点を確認するなど、警察庁と第一線の双方の勤務を通じて高度の専門能力を有する「治安のスペシャリスト」として育成されていきます。

組織紹介

警察庁組織図

警察庁警察官(スペシャリスト候補)
の役割とキャリアステップ

キャリアステップ例

警察学校

警視庁(警部)

~警察署の課長代理として

警察庁(警視)

~課長補佐として

都道府県警察(警視)

~警察本部の課長として

都道府県警察(警視正)

~警察本部の部長として

入庁6年目までの職員が語る

入庁5~6年目の職員CROSS TALK

入庁2年目の職員Q&A

入庁3年目の職員の1日

入庁3年目の職員の1週間

Q&A

※掲載している文章は平成27年3月に作成されたものであり、現在の役職等とは異なる場合があります。


<お問合せ先>

警察庁長官官房人事課

電話(代表):03-3581-0141(内2631)

メール:jinji@npa.go.jp

※写真等の入ったパンフレットの現物をご希望の方は、説明会にお越しください。
また、上記連絡先(電話・メール)へのお問合せも可能です。