【 用語の解説 】


1 「交通事故」とは、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路において、車両等及び列車の

交通によって起こされた事故で、人の死亡又は負傷を伴うもの(人身事故)をいう。


2 「死亡」(「死者」)とは、交通事故によって、発生から24時間以内に亡くなった場合(人)をいう。


3 「重傷」(「重傷者」)とは、交通事故によって負傷し、1箇月(30日)以上の治療を要する場合(人)をいう。


4 「軽傷」(「軽傷者」)とは、交通事故によって負傷し、1箇月(30日)未満の治療を要する場合(人)をいう。


5 「負傷」(「負傷者」)とは、「重傷」(「重傷者」)と「軽傷」(「軽傷者」)の合計をいう。


6 「30日以内死者」とは、「24時間死者」と「30日死者」の合計で、交通事故発生から30日以内に亡くなった

人をいう。


7 「24時間死者」とは、交通事故発生から24時間以内に亡くなった人をいう。


8 「30日死者」とは、交通事故によって、発生から24時間経過後、30日以内に亡くなった人をいう。


9 「第1当事者」とは、最初に交通事故に関与した車両等(列車を含む。)の運転者又は歩行者のうち、当該交通

事故における過失が重い者をいい、また過失が同程度の場合には人身損傷程度が軽い者をいう。


10 「事故類型」とは、事故をまず当事者の種類(人または車両)によって分類し、次いで当事者の事故時の行動等

(動き、位置、衝突物等)によって更に細かく分類したものである。


11 「状態」とは、当事者の事故当時の状態(自動車運転中、自動車同乗中、歩行中等)をいう。また、「乗車(用)中」

とは、運転中と同乗中の合計をいう。


12 「昼」とは、日の出から日没迄の間をいう。


13 「市街地」とは、道路にそっておおむね500メ-トル以上にわたって住宅、事業所等が連立している状態で

あって、その地域における建造物(敷地を含む)の占める割合が80%になるいわゆる市街地的形態をなして

いる地域をいう。


説明: トップページへ戻る