警察庁 採用情報サイト
HOME警察庁の紹介総合職(事務系)総合職(技術系)

採用担当者より
警察行政へのいざない
警察庁内部部局から
キャリアステップ
入庁18年目職員
警察官僚としての原点
入庁4年目職員の今
世界の知の拠点から
若きリーダーとして
政策立案の責任者として
治安の最高責任者として
一人の国家官僚として
特別企画
採用
お問い合わせ
HOME
 
   
   
Home > 総合職(事務系) >キャリアステップ

キャリアステップ
世界の知の拠点から

"Windy city"にて思うこと
   風の町”Windy city”と呼ばれるアメリカ中西部最大の都市、シカゴ。私は現在、シカゴの南に位置するシカゴ大学公共政策大学院において、統計学等の習得に励むとともに、自然災害等への危機管理対策について研究しています。ハリケーンカトリーナやエボラ出血熱等の豊富な事例を元に、多くの文献と格闘しつつ、教授陣と実務家の双方からの指導を受け研究を進める日々は、充実の一言に尽きます。また同大学院は、全学生の約4割が留学生という環境であり、アメリカ国内にとどまらず、アジアや中南米、中東等の世界各国からの学生と接する中で、良好な治安が守られ、安全で安心して暮らせる社会がいかに稀少なものか、そして、それを実現する警察の仕事は、いかにチャレンジングでかつ責任の重く、そしてやりがいに満ちたものであるのかを改めてかみしめています。

  米・シカゴ大学留学
(役職は、平成27年4月当時のものです。)

アルプスを望む国境の街から
    ドイツ南端のボーデン湖のほとりに位置するコンスタンツは、ドイツの中では比較的温暖な気候で、晴れた日には遠くスイスアルプスを望むことができる風光明媚なところです。少し湖を離れて閑静な住宅地の続く坂道をしばらく登り、その先の林を抜けると、私の通う大学のキャンパスが見えてきます。
    私は、この静かで恵まれた環境にあるコンスタンツ大学でLL.M.(法学修士号)の取得を目指し、警察法や刑事法を中心にドイツの法制度を研究しています。折しも欧州では凄惨なテロ事件が相次いで発生しており、人やモノの更なる自由な移動を目指しつつ、どのようにしてテロ事件を防止していくかが大きな課題となっていますが、市街地から5分ほど歩いたところにあるスイスとの国境を人が自由に行き来している様子を見ると、その難しさを改めて実感します。日本でも国際テロ対策がますますその重要度を増す中、こうした課題について、様々な国の人と議論を交わし、自らの肌で感じることができる機会を得られることは大変貴重です。これからも治安維持の一翼を担う者としての自覚を忘れず、法制面はもちろん実務面からも研究していきたいと考えています。

独・コンスタンツ大学留学
(役職は、平成27年4月当時のものです。)

志を新たに
   カリフォルニア大学サンディエゴ校の国際関係・環太平洋研究大学院は、アジア太平洋地域に重点を置いた特色ある国際関係の専門職大学院です。私はここで、米国の安全保障政策や東アジア情勢を中心に学んでいます。全米はもちろん、アジアを始めとする環太平洋地域から集まった優秀な学生たちと議論を交わすことを求められる毎日は、知的好奇心を充足させてくれ、刺激に満ちあふれています。
   授業やクラスメイトとの交流の中では、国際社会における日本の相対的な位置に想いを馳せることが多々あります。私が警察庁を志したのは、治安の確保というぶれない軸を持つ組織に魅力を感じたからでしたが、サイバーインテリジェンスやテロリズムとインターネットの関係等について研究を行う中で、絶えず変化する治安課題に対応していく警察庁の業務の奥深さを改めて実感するとともに、日本の強みである治安の維持・発展に貢献したいという想いをますます強くしています。


米・カリフォルニア大学サンディエゴ校留学
(役職は、平成27年4月当時のものです。)

「日本警察の起源」に学ぶ
   フランス中部に位置し、国内第三の人口規模を誇るリヨン市。私の通うフランス国家警察大学校は、この街を望む丘陵地に位置しています。ここにはフランス国家警察の現役幹部やその将来を担う幹部候補生、そして、世界各国の警察幹部らが集い、法学、危機管理等を専門とする大学教授や実務家による実践的でハイレベルな講義が日々繰り広げられています。
   「日本警察の父」と称され、その後初代警視総監となる川路利良は、明治初期複数回にわたり渡仏し、フランスの制度をモデルとして我が国の近代的警察制度を構築しました。それから150年近い月日が経過した今日においても、「日本警察の起源」たるフランス警察の制度は相変わらず先進的かつ前衛的で、我が国の警察行政運営においても大いに参考となるものです。
   今日も異国の丘において川路の志に思いを馳せつつ、同じ警察官僚としての誇りと使命感をもった友人たちとともに、学業に邁進しています。


仏・国家警察大学校留学
(役職は、平成27年4月当時のものです。)



戻る ページトップへ戻る
National Police Agency