警察庁 採用情報サイト
HOME警察庁の紹介総合職(事務系)総合職(技術系)

採用担当者より
警察行政へのいざない
警察庁内部部局から
長官官房
生活安全局
刑事局
組織犯罪対策部
交通部
警備局
外事情報部
キャリアステップ
1人の国家官僚として
特別企画
採用
お問い合わせ
HOME
 
   
   
Home > 総合職(事務系) > 警察庁内部部局から

Voice(先輩からのメッセージ)
警察庁外事情報部 「外からの脅威」との闘い

我が国を取り巻く様々な脅威
   諜報活動。我が国に近接する北朝鮮、中国、ロシアなどの国家的意思を受けた情報機関員による諜報活動が、我が国においても様々な形で行われている。これは決して映画やドラマの中だけの話ではなく、現実世界の話である。
   大量破壊兵器の拡散。我が国が有する高度先端技術は、我々の日々の生活を豊かにする一方で、北朝鮮等の拡散懸念国による核兵器等の大量破壊兵器の製造にも悪用されてきた。拡散懸念国は、今でも我が国の技術や製品の調達を目論んでいる。
    テロ。海外において日本人が被害に遭うテロが続発している。また、ISIL、いわゆるイスラム国が邦人を標的とするテロを警告するなど、国内外において、テロの脅威は緊迫の度を増している。
   これらは、いずれも国民の生命や財産、我が国の国益や安全保障に直結する脅威である。外事警察は、このような脅威に関連する情報を収集・分析するとともに、違法行為に対して厳正に対処することにより、外からの脅威から我が国を護ることを使命としている。

我が国のインテリジェンス機関として
   我が国のインテリジェンス・コミュニティの中でも、外事警察は、隅々まで張り巡らされた情報網と、違法行為を取り締まる法執行権限という強みを有する。スパイやテロリストによる活動やその背景・真の意図は隠匿されているが、地道な捜査活動などにより断片情報を集め、合理的な思考と感性を持ってそれを読み解きつなぎ合わせて核心に迫り、その脅威を除去することの達成感は、この上なく大きい。
   また、海外機関との連携も欠かせない。インテリジェンス機関は、インテリジェンス機関としか情報のやり取りをしないとされるが、それは当然ながら、インテリジェンス機関でさえあればよいということを意味しない。我が国にとって有益な情報を得るためには、海外のインテリジェンス機関が我々に対して有する期待にもしっかりと応える必要がある。諸外国のインテリジェンス機関の職員と会うたびに、これまでに先達が築き上げてきた互いの信頼関係の強さを感じるとともに、自らもそれを引き継ぎ発展させていけるよう、身が引き締まる。

やりがいと情熱
   我が国に対する脅威が増す中で、我が国が国家として存立し、国民が安全で豊かな日々を送れるよう、インテリジェンス機関が果たすべき役割が増している。それは、決して容易なものではなく、極めて重い責任を伴うものであるが、外事情報部では、それをそのままやりがいや情熱に変えることができる。

外事情報部外事課課長補佐
(役職は、平成27年4月当時のものです。)

Voice ~若手職員から~

   平成27年1月20日―外事情報部の空気が突如、慌ただしくなる。インターネット上に流れる衝撃的な映像。イスラム過激派組織が邦人とみられる男性の殺害を予告するものだった。
    外事情報部には、各国のインテリジェンス機関、都道府県警察、TRT-2から昼夜を問わず生の情報が飛び込んでくる。それらを迅速に整理・分析して幹部に報告し、総理官邸や関係省庁と共有する。警察が平素から構築してきたルート・知見に基づく情報は、政府内においても極めて価値が高いものとして重要視される。報告の遅れは許されない。24時間、携帯電話を手放せない日々が続いた。
   「御親族の御心痛を思えば言葉もありません」。
   2月1日に総理が発した声明は、事件対応に携わった政府関係者全員の思いを表したものだろう。しかし、我々に立ち止まっている暇はない。オペレーションの過程を真摯に検証し、厳しさを増す国際テロ情勢を踏まえた今後のテロ対策の在り方について早急に検討しなければならない。
    「国民一人一人が安心して暮らせる世の中を創りたい」。7年前に抱いた志を実現できるかどうか。今、私はその正念場にいる。

外事情報部外事課付
(役職は、平成27年4月当時のものです。)


外事課

国際テロリズム対策課

Nipponを、護る
 警備警察が扱う事象のうち、主として外国人が関与するものを扱っており、例えば、北朝鮮による日本人拉致容疑事案、北朝鮮等による対日有害活動、大量破壊兵器関連物資等の不正輸出等に関する情報収集や取締り、不法入国・不法滞在者対策等を行っています。
テロの脅威と闘う
 警備警察が扱う事象のうち、外国人又はその活動の本拠が外国にある日本人によるテロ等に関するものを扱っており、イスラム過激派等による国際テロに関する情報収集・分析や国際会議への対応を行っています。




戻る ページトップへ戻る
National Police Agency