警察庁 採用情報サイト
HOME警察庁の紹介総合職(事務系)総合職(技術系)

警察庁について
警察機構図
HOME
Home > 警察庁の紹介> 警察庁について

警察庁について

警察とは

   警察という語は、本来、行政の全て、内政の全てを称する語であり、現在たくさんの省庁に分かれている諸行政も、長い間に「警察」から生まれ、発達・分化し、独立していったものです。警察行政は社会・国家を治める根源的、本質的なものであり、全ての行政の母体淵源であると同時に、国家社会の進展、人間社会の複雑化に応じて常に新たなものを生み出し、社会のニーズに応えていくものなのです。

警察庁とは

   警察庁は、全国約29万人のマンパワーを擁する警察組織の中枢官庁であり、各種政策の立案、立法作業に当たるとともに、警視庁を始めとする全国都道府県警察の指揮監督等を行っています。

沿革

   我が国の警察は、明治7年、当時の内務省に警保寮が設置されて以来、第二次世界大戦の終了まで、中央では内務省警保局、地方では知事によって管理運営されてきました。
   戦後の昭和22年に警察法が制定され、23年から国家地方警察と市町村自治体警察の二本立ての制度となりましたが、その後、29年に警察法が全面的に改正され、警察運営の単位が現在の都道府県警察に一元化されました。

国の警察機関

   国の警察機関として、内閣総理大臣の所轄下にある国家公安委員会の管理の下に警察庁が置かれ、全国的視野から治安維持の責務を負っています。「所轄」、「管理」とは他省庁における直接的な指揮監督関係との相違を意味する言葉で、その趣旨は、警察の政治的中立性を確保することにあります。
   また、警察庁は各種国際会議の主催・参加や、ICPO(国際刑事警察機構)への幹部の派遣等、「治安先進国日本」の警察として、各国警察との協力や、国際的な活動を積極的に行っています。

都道府県の警察組織

   都道府県には、都道府県知事の所轄下にある都道府県公安委員会の管理の下に都道府県警察が置かれています。都道府県警察には、警察本部、警察署が設置されており、さらに、警察署の下部組織たる交番、駐在所のネットワークが全国に張りめぐらされ、安全で住み良い社会づくりを目指しています。

警察庁と都道府県警察の関係

   都道府県警察はその管轄区域における一切の第一次的治安責任に任ぜられています。警察庁は、全国警察組織の中枢を占める中央官庁として、国家的見地から治安責任を担い、その所掌事務について都道府県警察を指揮、監督及び調整しています。

警察職員

   治安維持の責務は国家社会の根幹に関わる重大事であることから、警察全体の組織的一体性を確保するために、警察庁の職員はもちろん、都道府県警察の警視正以上の階級にある幹部警察官も国家公務員とされています。また、警察庁と都道府県警察との人事交流も活発に行われています。




戻る ページトップへ戻る
National Police Agency