検挙状況・被害状況

平成27年中の児童ポルノ事犯の検挙件数・人員、被害児童数は過去最多

児童ポルノ
統計資料
◆検挙状況
・検挙件数は1,938件、検挙人員は1,483人と、平成16年以降増加傾向にあり、過去最多を更新しました。統計を取り始めた平成12年のそれぞれ約11倍、約9倍となっています。(資料1・2)    
・態様別にみると、製造事犯が1,063件と、最も多く、過去最多を更新しました。製造事犯のうち、盗撮製造罪は110件あり、盗撮機器別にみると、スマートフォンが約5割、カメラ・ビデオが約2割強、特殊録画機器が約1割を占めています。
(資料3~6)
・法改正により平成27年7月より罰則適用された自己性的目的所持罪の検挙件数は17件でした。
◆被害状況
・被害児童数は905人と、過去最多を更新しました。統計を取り始めた平成12年の約7倍となっています。学職別にみると、高校生、中学生がそれぞれ約4割、小学生以下が約2割となっています。(資料7~9)    
・被害態様別でみると、「自画撮り」によるものが約4割を占め、そのうちの約5割強が中学生となっています。(資料10~12)    
・自画撮り被害は、コミュニティサイトに起因するものが約8割を占め、そのうちの約8割がアクセス手段にスマートフォンを使用しています。(資料13)    
・低年齢被害児童(小学生以下)のうち、強姦・強制わいせつの手段により児童ポルノを製造されたものが約5割、盗撮によるものが約3割を占めます。(資料14)
    
※ 「自画撮り」は、だましたり、脅したりして児童に自分の裸体を撮影させた上、メール等で送らせる形態をいいます。
poster
leaflet
  • NO!!児童ポルノ
  • 被害にあわないために
  • 検挙状況・被害状況
  • 児童ポルノ対策
  • 児童買春
  • ファイル共有ソフト
  • リンク集
  • 児童ポルノ排除総合対策