児童買春は悪質な犯罪!

児童買春は、児童の心身に有害な影響を与え、その権利を著しく侵害する悪質な犯罪です。児童買春をした者は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金が科されます。
(児童買春・児童ポルノ禁止法第4条)。

   

国外での児童買春は厳重に処罰されます!

日本国内と同様、日本国民が国外において、児童買春を行った場合も5年以下の懲役又は300万円以下の罰金が科されます。
(児童買春・児童ポルノ禁止法第10条、同法第4条、刑法第3条)

また、東南アジア諸国等において、児童買春を処罰する法律が整備されており、各国警察による厳正な取締りが行われています。

  

(例示)東南アジア諸国における児童買春を処罰する法律※1【仮訳】

  • フィリピン共和国
    中期刑(約14年8月~17年4月)から終身刑
    (法律:Republic Act No.7610/ Revised Penal Code of the Philippines Act No.3815)      

  • タイ王国
    15歳以下※2:2年~6年の禁固及び4万~12万バーツの罰金
    16歳以上18歳以下:1年~3年の禁固及び2万~6万バーツの罰金
    (法律:Prostitution Prevention and Suppression Act B.E.2539)

  • カンボジア王国
    15歳未満※2:7年~15年の禁固
    15歳以上18歳未満:2年~5年の禁固       
    (法律:Law on Suppression of Human Trafficking and Sexual Explotation 2008)
     
    ※1-適用される罰則については、個々の事案により異なる場合があります。      
    ※2-年齢は、被害児童の年齢を示します。

児童買春の周旋・勧誘行為も厳重に処罰!

児童買春の仲介や人に児童買春の勧誘をした者も、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金が科されます。
(児童買春・児童ポルノ禁止法第5条第1項、第6条第1項)

poster
leaflet
  • トップページ
  • 統計
  • 検挙事例
  • 児童ポルノ対策
  • 児童買春対策
  • リンク集
  • 児童ポルノ排除総合対策