NO!!児童ポルノ・トップページ  >  児童ポルノ排除総合対策  >  児童ポルノ排除対策ワーキングチーム(第5回)議事概要

児童ポルノ排除対策ワーキングチーム(第5回)
議事概要


日時:平成25年5月24日(金)14:00~14:30
場所:中央合同庁舎第4号館共用第3特別会議室
出席者:関係省庁の担当局長等(内閣官房、内閣府、警察庁、総務省、法務省、外務省、文部科学省、労働省、経済産業省)

概要:

伊達内閣府副大臣あいさつ(代読)

この度、今後三年間を目途に、児童ポルノを排除するための総合的な対策として、「第二次児童ポルノ排除総合対策」を策定することとした。
児童ポルノを社会から排除するためには、政府と民間が一体となって、被害の未然防止や被害児童の早期保護を図っていく必要がある。
本日の会議においては、総合対策の案について協議を行うこととしているが、十分な意見交換を行っていただき、関係省庁が一致協力して、児童ポルノの根絶に向けて取り組んでいただくようにお願いしたい。

議事

1 児童ポルノ排除総合対策の取組状況について(事務局説明)
2 第二次児童ポルノ排除総合対策(案)について(事務局説明)
3 警察庁長官官房審議官の発言
4 総務省総合通信基盤局長の発言
5 外務省総合外交政策局参事官の発言
6 文部科学省スポーツ・青少年局長の発言
7 厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課虐待防止室長の発言
8 経済産業省商務情報政策局審議官(IT戦略担当)の発言
9 内閣府大臣官房審議官説明
「児童ポルノ排除総合対策取組状況」及び「第二次児童ポルノ排除総合対策(案)」については、原案のとおり取りまとめることととし、5月28日に開催予定の犯罪対策閣僚会議にそれぞれ報告又は付議することとする。

▲ このページの上へ