種類に戻る

  

 ● 預貯金詐欺とは
  親族、警察官、銀行協会職員等を装い、あなたの口座が犯罪に利用されており、キャッシュカードの交換手続きが必要であるなど 
の名目で、キャッシュカード、クレジットカード、預貯金通帳等をだまし取る詐欺です。

 

□ 犯人は、警察官や銀行職員になりすまして電話をかけてきます!!
   ○特殊詐欺の犯人を捕まえたところ、あなたの口座が悪用されていた
    
   ○キャッシュカードが不正に使用されている     
  などと言って被害者を動揺させ、不安な気持ちになるように仕向けてきます!

 【 具体的な手口 】
  ○ 「カード預かります」は詐欺!  
    
    犯人は、被害者に電話をかけ
       「●●警察署刑事課(又は生活安全課など)の●●という者です」
       「銀行協会の者です。詐欺事件の関係で警察と協力しています」
   と、警察官などになりすまし
       「特殊詐欺の犯人を逮捕したが、○○さんの口座が犯行に使用されていた」
       「○○さんが口座を開いている銀行に詐欺の実行犯がいることが分かった」
       「キャッシュカードが不正に使用され、口座から現金が引き出されている」
   などと、電話を受けた被害者を不安な気持ちになるような話をしてきます。
 
   そして、被害者に対し
       「キャッシュカードの利用停止手続きをしなくてはならない。」
       「新しいキャッシュカードに変更する必要がある。今から銀行職員があなたの自宅に取りに行く。」
       「手続きに必要なので暗証番号を教えてください。」
  などと、言ってきます。

  電話を受けた被害者は、その言葉を信じてしまい、自宅を訪ねてきた警察官や銀行職員などになりすまし た犯人(受け子~キャッシュカードを受け取る役)を疑うことなくキャッシュカードを渡してしまい、だまし取られ るのです。
   キャッシュカードを受け取った犯人は、コンビニエンスストアや銀行のATM等を操作してお金を引き出した り、別の犯人(出し子~お金を引き出す役)がキャッシュカードを受け取り、お金を引き出すという手口です。
 (クレジットカードをだまし取る場合もあり、キャッシング機能により、ATMなどから現金を引き出される被害  も発生しています。)

  警察官などになりすましてキャッシュカードをだまし取る具体的なやりとりはこちらをご覧ください~「警察官かたりの具体例」

○ 改元を口実とした詐欺に注意!

「元号が変わるのでキャッシュカードを交換する必要がある」などと言って、キャッシュカードをだまし取る手口の詐欺が発生しています。
  具体的な手口としては、市役所などの職員を名乗る者(架け子~電話を架ける役)から電話があり
     「医療費の還付金があります」「金融機関から連絡が行くので手続きをしてください」
などと言われ、その後、金融機関の職員を名乗る者から、
     「元号が変わるのでキャッシュカードを交換する必要があります」
     「職員が訪問するのでキャッシュカードを渡してください」
     「手続きをするにはキャッシュカードの暗証番号が必要なので教えてください」
などと言ってきます。

 
被害者はその言葉を信じてしまい、自宅を訪れた犯人にキャッシュカードを渡してしまい、だまし取られるのです。
 
  
・ 改元により、キャッシュカードが使えなくなったり、新しいカードに変更しなければならなくなったりすることはありません。
   
・ 銀行協会、金融機関、自治体等の職員が暗証番号を尋ねたり、キャッシュカードを預かったりすることは絶対にありません。




 
   
 
種類に戻る