東日本大震災に便乗した義援金等の詐欺に要注意!

 東日本大震災に便乗した詐欺事件がいまだに発生しています。
  震災にかこつけて現金等を求める訪問や電話等があった場合には、落ち着いて相手方をよく確認し、詐欺被害に遭わないように十分注意するとともに、警察へ通報、相談してください。 



事例

●市役所職員を装って家庭を訪問し、募金を求めたもの
●市役所職員を名乗って電話をかけ、「義援金を送る活動をしている。支払方法は振り込みです」等と言って振り込ませようとしたもの
●実在する団体の名称をかたって「災害支援基金への寄付をお願いします。」等という文面のファックスを送信し、当該団体が設けた募金振り込み口座とは異なる個人名の口座に振り込ませようとしたもの
●公的機関と紛らわしい名称をかたって電話をかけ、「避難地確保のため寄付してください。」等と言って振り込ませようとしたもの
●マンション管理会社を装って家庭を訪問し、「地震に耐えられるようにブレーカーの工事が必要です。」等と言って現金の支払いを求めたもの
●震災に絡んで電気・ガス設備の点検・修理名目で現金を求めたもの
●被災地にいる身内を装った電話で現金を求めたもの
●被災者の親族を装い、「家族が被災したが、急いでバスで帰りたいのにお金がない。」等と言って現金を求めたもの 
●被災者を装い、インターネットの掲示板で「交通費を支援してほしい」等と書き込み、現金を求めたもの 
●自宅を訪問し、「不要な指輪やネックレスがあれば、換金して被災地に寄付するので譲って欲しい。」等と言って貴金属を求めたもの



注意のポイント

○公的機関・団体が、一般家庭等に対して、個別に電話・ファックス・訪問等によって義援金等の振り込みを求めることは通常ありえないので、相手方が告げた機関団体に対し、電話帳等で調べた電話番号に電話する等して確認してください。
○実在する団体等を名乗って個別の働き掛けがあった場合には、当該団体がテレビ・ラジオ・新聞等で公表している口座番号・名義と同一であるか確認するなど、本当にその団体による募金なのか、また信用できる団体なのかを十分に確認してください。
○すぐに振り込んだりせず、少しでも不審に思ったら警察に通報、又は相談(♯9110又は最寄りの警察署等)してください。