メインページ に戻る

「マイナンバー制度」に便乗した 不審な電話等にご注意ください!
 「マイナンバー制度」に便乗した不正な勧誘や個人情報を聞き出そうとする事案が発生しています。
 「マイナンバー制度」についての電話やメールなどがあった場合には、だまされないよう十分注意するとともに、警察への通報、相談をお願いします。

 ここでは、警察が把握した実際の被害や、警察に寄せられた相談の事例、被害に遭わないための注意ポイントを紹介します。

~主な事例~ 
【 実際に被害に遭った事例 】 
 市役所職員を名のる者が訪問し   ※ なりすまし事案
   「市役所から来た」
   「マイナンバーカードにお金がかかる」
などと言われ、マイナンバーカードの登録手数料名目にお金をだまし取られたもの。
 携帯電話に
 「あなたの個人情報が漏えいしている」
 「個人情報を守るため、必ず手続を行ってください」
 「マイナンバー情報が漏れると住民票の異動、銀行口座の開設などが簡単に行える」 
などと記載されたメールが届き、個人情報の削除費用などとして電子マネーを購入するよう指示され、その電子マネーの利用に必要な番号を送信させられてだまし取られたもの。  
  サラリーマン風の男が訪れ
   「マイナンバーの封筒が来ていますか」
   「手続には相当時間がかかるから代行します」
   「代行の手数料としてお金が必要」
と言われ、マイナンバー手続代行手数料の名目でお金をだまし取られたもの。
 女性2名が訪れ
   「マイナンバーの件で、いただきに来ました。お預かりします」
等と言われ、マイナンバー通知カードが入った封筒をだまし取られたもの。
 携帯電話に 「アダルトサイトの未納料金がある」 とのメールが届き、メールに記載された電話番号に電話をかけたところ
   「延滞料金や違約金が発生しており、このままでは裁判になる」
   「来年から始まるマイナンバーに、この件が登録される」
等と言われたことから、相手に言われるがままに電子マネーを購入して、電子マネーの利用に必要な番号を教えたり、指定された口座にお金を振り込んでしまい、だまし取られたもの。
 男性1名が訪れ
   「郵便局です。マイナンバーの封筒をいただきに来ました」
等と言われ、マイナンバー通知カード在中の封筒2通をだまし取られたもの。
 警察官を名のる男から電話があり
   「マイナンバーの暗証番号が漏れている」
   「口座の暗証番号も漏れている。一度、キャッシュカードや通帳を回収して確認する」
等と言われ、その後被害者方を訪れた男にキャッシュカードと通帳をだまし取られたもの。

【 被害に遭いそうになった事例 】 
 役所の職員を名のる者から
   「あなたのマイナンバーが流出している」
   「登録を抹消するには第三者から名義を貸してもらう必要がある」
などと電話があり、さらに別の者から
   「名義貸しは犯罪になって逮捕される」
などと言われ、解決するためのお金を要求された。
 被害者がお金を引き出しに行ったところ、金融機関職員が不審に思い警察に通報したため、被害に遭わなかったもの。 

【 不審な電話に関する相談例 】 
 相談者方に対し
   「マイナンバーのセキュリティにお金がかかります」
という内容の電話があったが、不審に思って電話を切ったもの。 
 相談者方に対し
   「マイナンバー制度が始まると、あなたの預金が分かります」
   「 金(きん) を隠し財産にしませんか」
という電話があり、不審に思って電話を切ったもの。 
  相談者方に対し
   「マイナンバー制度がスタートする」
   「過去の通信販売の購入歴に関する情報が悪用され、強盗や殺人事件に発展するおそれがある」
   「通信販売の購入履歴があればデータ消去します」
という電話があり、不審に思って電話を切ったもの。
 相談者方に対し
   「警察の者です」
   「警察にマイナンバーを登録する必要がある」
   「登録手続料としてお金が必要となります」
などと警察官を名のる電話があり、お金を要求されたもの。
 相談者方に対し
   「マイナンバーの通知を受けるのにお金が必要」
   「マイナンバーは国民全員が持たなければいけないものなので、お金を払わなければいけない」
などと電話があり、お金を要求されたもの。
 相談者方に対し、男の声で
   「マイナンバーの登録手続をするのにお金がかかるので用意しておいてください」
などと電話があり、お金を要求されたが、不審に思い電話を切ったもの。
 相談者方に対し
   「マイナンバー制度が始まります」
   「金(きん)投資で有利な現物資産を作りましょう」
等と記載されたパンフレットが送付され、後日、県警刑事部の者と名のる男から電話がかかり
   「封筒が届いていると思いますが、中身は確認しましたか」
などと言われたもの。
 相談者方に対し、生活管理センターを名のる者から
   「あなたのマイナンバーが漏れている。警察と一緒に捜査をしている」
   「東京の介護センターを申し込んでいるか」
   「申し込んでいなければ断りの電話をしておく」
などと電話がかかってきたもの。
 相談者方に対し、男の声で
   「マイナンバーの通知カードと印鑑を準備してください」
   「明日の●時に、郵便局で会いましょう。その際に通知カードと印鑑を持ってきてください」
などと具体的な郵便局名を告げて誘い出す電話がかかってきたもの。

【 不審なメールに関する相談例 】 
 相談者に対し
  「 【 重要連絡 】マイナンバー制度に関して
   現在、あなたの個人情報漏えいが発見されています。
   速やかに下記URLよりログインしてください 」
という内容とともに、別サイトに誘導するアドレスが記載されたメールが届いたもの。  
 相談者に対し
 「【 重要連絡 】マイナンバーについて
  マイナンバーの個人情報漏えいが発覚した
  このままでは携帯電話が使えなくなったり、ローンが組めなくなったりする 」  
という内容とともに、別サイトに誘導するアドレスが記載されたメールが届いたもの。 
 相談者に対し
 「【重要】国民消費生活組合より大切なお知らせ
  マイナンバーに関わる大切なお知らせのため必ず最後までお読みください
  従量課金制有料サイトに関する会員登録料の未払いなどがある
  訴訟になればマイナンバーに訴訟履歴が登録される」   
という内容が記載されたメールが届いたもの。
 相談者に対し
 「【マイナンバー:新年度更新手続きについて】
  【お知らせ】新年度更新手続きについて
  新年度更新に伴いましてマイナンバーの制度の更新が必要となっております
  下記【地方公共団体情報システム機構(J-LIS)】ページよりご確認ご確認の上、更新申請を行われてください。」   
という内容とともに、別サイトに誘導するアドレスが記載されたメールが届いたもの。 

【 個人情報などを聞かれた事例 】  
 相談者方に対し
   「マイナンバーの手続きについて、訪問して説明したい」
との電話をかけ、後日、男が相談者宅を訪れ
   「マイナンバーの手続を代行する」
と言って、相談者の氏名、生年月日を聞いてきたもの。
 相談者方に市職員を名のる男から
   「マイナンバーが届いていると思いますが、市役所では一件ごとに到達を確認している」
   「届いているのであれば番号を教えてほしい」
と電話があり、相談者のマイナンバーを聞いてきたもの。
 相談者方に
   「配布しているマイナンバー通知に記載されていた番号が間違っている可能性がある」
   「あなたの番号を教えてほしい」
と電話があり、相談者のマイナンバーを聞いてきたもの。
 相談者方を訪問した男が
   「市からマイナンバーの手続できた。通帳を見せてほしい」
と言って相談者宅に上がり込み、相談者が差し出した通帳を確認した。
 さらに
   「印鑑を貸してほしい」
と言い、相談者から受け取った印鑑を何らかの書類に押印して立ち去ったもの。
 相談者方に対し
   「還付金があるから、マイナンバーを教えてほしい」
と電話があったもの。
 警察官を名のる男が相談者方を訪れ
   「ご主人のマイナンバーが拾得され、悪用されている」
   「番号は何番ですか」
と、マイナンバーを聞いてきたもの。


~注意ポイント~
 マイナンバーの通知や利用、個人番号カード交付などの手続において 
● 国や地方自治体職員等が
    
「個人番号」「口座の暗証番号」「所得」「資産」「家族構成」「年金情報」「保険情報」
 などを聞くこと
● お金やキャッシュカードを要求すること
● ATMの操作をお願いすること
 
は、一切ありません。
 このような内容の電話、メールなどには絶対に応じず、最寄りの警察 又は 警察相談専用電話(#9110)までご相談ください
  消費者庁においても、「マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得」に対しての注意を呼びかけています。
 ・ 消費者庁のウェブサイトは こちら
 国民生活センターでは、マイナンバー制度に便乗した不審な電話などの事例を紹介しています。
 ・ 独立行政法人 国民生活センターのウェブサイトは こちら 

メインページ に戻る