ご注意ください!!!
 大規模な自然災害が発生した後には、災害に便乗した義援金・寄付金などをかたった詐欺が発生したり、また「マイナンバー制度」や「オリンピックの開催」など、新たな政策・制度やその時々の社会の出来事に便乗した振り込め詐欺等の被害が多く発生しています。
 不審な電話やメールなどがあった際は詐欺を疑い、一人で行動する前に、必ず家族や警察に相談してください。

 「震災」に便乗した詐欺にご注意ください!

  震災に便乗した義援金の募集、寄付などを口実とした詐欺に注意してください!
  平成28年熊本地震に関連して、次のような、詐欺に発展するおそれのある不審な電話が見られています。
 <義援金や寄付などを口実とするもの>
○「熊本地震の義援金を、市役所で集めている。一口5000円からで、職員が自宅まで取りに行く。」などと言われた。
○「あなたは熊本に義援金を送る権利がある。義援金を送りたいけれども権利がない人がいるので、その人に電話してあげてほしい。あなたの個人番号は○○番です。」などと言われた。(※応じて電話すれば、その後に「個人番号を教えたことは 犯罪だ」などと言われ、トラブル解決金などの名目で現金をだまし取られるおそれがあります。)
○息子をかたる者から、「職場で集めた熊本への義援金をなくしてしまった。今日中に払わないといけない。お金を準備してほしい。」などと言われた。

 <老人ホームの入居権を口実とするもの>
○「あなたには老人ホームの入居権があります。熊本の地震で困っている人に権利を譲ってくれませんか。」などと言われた
○「熊本地震で家を無くした知り合いが、老人ホームを探している。○○市(電話を受けた者が住む、熊本県以外の府県の市)に今度老人ホームが建てられるが、○○市の居住者しか入れないので、名義を貸してほしい。」などと言われた。
(※いずれも、応じれば、「それは違法な名義貸しで、解決金が必要」あるいは「権利の確認のためにあなたの名義で送金が必要」などと言われ、トラブル解決金などの名目で現金をだまし取られるおそれがあります。)

 <仮設住宅への入居支援を口実とするもの>
○「仮設住宅に入れなくて困っている熊本の被災者のために、電話で宝くじをやっている。あなたは当選した。感謝状を渡すので、家に行く。」などと言われた。(※仮設住宅の建設費用の支援などの名目で、現金をだまし取られるおそれがあります。)
○「熊本の災害で、60歳以上の人に優待券が出ているが、書類が届いていないか。要らなければ、その優待券で被災者10人が避難所から仮設住宅に移ることができる。」などと言われた。(※応じれば、これも「それは違法な名義貸しで、解決金が必要」などと言われ、トラブル解決金などの名目で現金をだまし取られるおそれがあります。)

 <その他> 
○「熊本地震の関係で医療費の還付がある。書類が届いていないか。」「最新のATMで操作ができる。○○(スーパー店名)へ行き、着いたら電話をください。」などと言われた。
○「熊本地震の復興レースを行う。勝ち馬がわかる。損はしないし、復興に一役買える。参加費を送ってくれ。」などと言われた。
  公的な機関が、電話や訪問で寄付や募金を求めることは、ありません。
  身に覚えのない権利を突然告げられても、取り合わないようにしましょう。その扱いについて「違法な名義貸し」などと言われて解決金を要求されても、一切応じる必要はありません。
  震災に関連してお金を求める電話や訪問があった場合には、
    ・ 落ち着いて、相手をよく確認する
    ・ 一人で行動する前に、家族や知人、警察に相談する

 などして、詐欺の被害に遭わないよう十分にご注意ください。

  ご家族やお近くの方々にも、この内容をお伝えいただきますよう、お願いいたします。
   
  過去の震災時に見られた主な手口を紹介しています。詳しくは こちら をご覧ください  

「マイナンバー制度」に便乗した 不審な電話等にご注意ください!
 マイナンバー制度に便乗して
     「マイナンバーの調査をしています。家族構成を教えてください。」
     「マイナンバー制度で質問があるので、自宅に訪問します。」
 などといった不審な電話等が全国的に発生しています。
マイナンバー制度について、詳しくは
 をご確認ください。
 不審電話などの発生状況について、くわしくは こちら をご覧ください。
 消費者庁においても、「マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得」に対しての注意を呼びかけています。
 ・ 消費者庁のウェブサイトは こちら
 国民生活センターでは、マイナンバー制度に便乗した不審な電話などの事例を紹介しています。
 ・ 独立行政法人 国民生活センターのウェブサイトは こちら 

「年金情報流出」を口実にした "振り込め詐欺"や"個人情報の詐取" にご注意ください!
 日本年金機構の職員などを装って、個人情報を聞き出したり、個人情報の削除を持ちかける不審な電話が発生しています。
  日本年金機構では、相談窓口「ねんきんダイヤル」を設置しています。
   ・ 電話相談窓口 0570-05-1165 ※050で始まる電話でおかけになる場合は「03-6700-1165」 
 ・ 日本年金機構のウェブサイトは こちら 

「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」 「高齢者向けの給付金」を口実にした "振り込め詐欺"や"個人情報の詐取" にご注意ください
◎ 「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」
◎ 「高齢者向けの給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)」
の支給に関して、市区町村や厚生労働省などが
◎ ATMの操作をお願いすることは絶対にありません
◎ ATMを自分で操作してお金を振り込んでもらうことは絶対にありません
◎ 給付のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません
◎ 家族構成や銀行口座の番号などの個人情報をお聞きすることは絶対にありません
ので、ご注意願います。
 ・ 詳しくは厚生労働省のウェブサイト
     ~ 「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」に関わる注意喚起
     ~ 「高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時給付金)」に関わる注意喚起
 をご確認ください。

「オリンピック」 「パラリンピック」に 便乗した振り込め詐欺にご注意ください!
 2020年 東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴う
不動産や株への投資、入場券の優先購入などを口実とした振り込め詐欺
に注意してください! 
 主な手口などについて、詳しくは こちら をご覧ください

「株」や「社債」等の取引名目の 振り込め詐欺にご注意ください!
 「特定の人しか買えない、あなたの名義を貸してほしい」 
 「確実に値上がりする」「必ず儲かる」
 「新規上場予定」「優良会社なので絶対に大丈夫」
 「以前の投資での損失を簡単に取り戻せる」 
などと持ちかけ、「株」や「社債」を購入させたり、購入のための名義貸しを持ちかける振り込め詐欺が多く発生しています!
 主な手口について、詳しくは こちら をご覧ください