プロフィール

法科学第二部
物理研究室
主任研究官

先輩の声(物理研究室)

現在の仕事内容とやりがいを感じるとき

先輩の声(物理)写真

私の所属している物理研究室では、防犯カメラ映像に対する画像処理法や解析法などの研究、レーザーを用いた指紋の検出法の開発、放射線及び核テロ対策として放射線計測法の開発や資機材の評価など物理学的手法を用いた幅広い研究を行っています。また、画像処理や画像解析の鑑定及び都道府県警察職員に対する研修も行っています。研究で得られた成果に基づき鑑定書を書く場合もあり、自分たちの行っている研究が社会に貢献しているのを実感したときにやりがいを感じます。


科警研を目指す後輩に対してのアドバイス

先輩の声(物理)写真

科警研は様々な分野の研究者が所属しており、特に工学分野を扱う法科学第二部は物理の他に火災、爆発、機械と扱う対象や分析手法も多岐にわたっています。大学で学んだ研究分野と科警研で行う研究分野がまったく同じである必要はありません。私は宇宙観測分野で学位をとり科警研に就職しましたが、持っている知識を生かしながら研究や鑑定に励んでいます。科警研で研究に必要な知識や技術は学べますし、異なるバックグラウンドは少し違った角度で研究ができる強みにもなると思います。


科警研の魅力

先輩の声(物理)写真

科警研では、競争的外部資金への応募や他の研究機関及び企業との共同研究も盛んに行われています。広範囲の分野の研究者、技術者と交流を深め見識を広めることができることは刺激的です。まだまだ自分の知らないことが多く、「日々是鍛錬」の気持ちで仕事に励んでいます。また、海外での研修制度もあります。私も3ヶ月間アメリカの国立研究所で研究を行い、核物質の新しい分析手法の習得や現在行っている放射線計測の研究を進めることができました。さらに海外の研究者とのネットワーク作りにもなり、とても良い経験でした。
その他にも、休憩時間や終業後にスポーツや文化活動も盛んに行われており、仕事以外の交流も多くあるのも科警研の魅力です。


ページの先頭へ