警察庁トップページ安全・快適な交通の確保交通規制課コーナーへようこそ!!>UTMS 新交通管理システム

UTMS 新交通管理システム

ハイテクを駆使した新しい交通管理システム

コンテンツ


新交通管理システム―警察のITS―

 警察庁は、ITSの一環として、交通の安全と円滑、環境の保護等を目指した新しいシステム―新交通管理システム(UTMS)の研究開発及び実用化・整備を推進しています。

 UTMSとは、光ビーコンを用いた個々の車両と交通管制システムとの双方向通信等の高度な情報通信技術により「安全・快適にして環境にやさしい交通社会」の実現を目指すシステムであり、警察庁ではITCS(高度交通管制システム)を中心に以下の8つのサブシステムに重点を置いて整備等を推進しており、これらのシステムを有機的に連携した最適な交通管理を目指しています。

  • 光ビーコンの写真

    光ビーコン

    車載装置と双方向通信が可能でUTMSのキーインフラとして整備が進められている。
  • 高度交通管制システムの写真

    高度交通管制システム

    現在の交通管制システムを、より高度にしたUTMSの中核となるシステム
  • 交通情報提供システムの写真

    交通情報提供システム

    ドライバーに交通情報を提供するシステム
  • 公共車両優先システムの写真

    公共車両優先システム

    バスなどの公共車両の優先通行を確保するシステム
  • 車両運行管理システムの図

    車両運行管理システム

    商用車などの車両運行管理を支援するシステム
  • 交通公害低減システムの図

    交通公害低減システム

    自動車排ガスや騒音などの交通公害を低減するシステム
  • 安全運転支援システムの図

    安全運転支援システム

    周辺の交通状況等を視覚・聴覚情報により提供するシステム
  • 緊急通報システムの図

    緊急通報システム

    運転中の事故等、緊急事態発生時に救援機関へ位置情報通報を発信するシステム
  • 歩行者等支援情報通信システムの図

    歩行者等支援情報通信システム

    高齢者や視覚障害者・車いす利用者等に適時適切な情報を提供するシステム
  • 現場急行支援システムの図

    現場急行支援システム

    緊急車両を優先的に走行させる信号制御を行うことで、現場に到着する時間短縮と、緊急走行起因の交通事故防止を目的としたシステム

3メディア対応型VICS車載機の普及促進

AMISの一環として、交通情報がVICS車載機に対して提供されています。

VICS車載機画面
VICS車載機画面

 VICSとは、警察庁、総務省および国土交通省が協力 して進める事業であり、警察の収集する「交通情報」や道路管理者の収集する「道路情報」を「財団法人日本道路交通情報センター」を通じて、「財団法人道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)」から光ビーコン、電波ビーコン、FM多重放送の3つのメディアを活用してVICS車載機に対して提供するものです。

 この3つのメディアから提供される情報を全て受信することができるVICS車載機は、「3メディア対応型VICS車載機」と呼ばれています。この3メディア対応型VICS車載機は交通の円滑化、所要時間の短縮化の効果に加え、それに起因する排出ガスの削減等といった環境改善等の効果もあり、環境にやさしい物品(注)としても評価されています。

 VICS車載機の中で3メディア対応型VICS車載機のみが光ビーコンとの双方向通信を行うことができるので、次のような大きな特長がありユーザーに対して安全で快適な運転をサポートすることができます。

  • 広範囲の交通情報だけでなく、進行方向の交通状況についても簡易図形表示型等により詳細かつ容易な形で交通情報を受信できる。
  • 交差点間を走行するために要する時間(リンク旅行時間)を受信することにより、渋滞をさけ最短時間で目的地に向かう経路を誘導・案内することができる。
簡易図形表示型の例
簡易図形表示型

 警察では様々な機会を通じて関係機関、団体等に広く働きかけるとともに、提供する情報コンテンツを魅力あるものにするなど3メディア対応型VICS車載機の普及促進に向けて活動しています。

注 3メディア対応型VICS車載機は、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)に基づいて国が定めている「環境物品等の調達の推進 に関する基本方針」において特定調達物品とされています。

(ページトップへ戻る)