警察庁トップページ安全・快適な交通の確保交通規制課コーナーへようこそ!!>話題のITSについて

話題のITSについて

コンテンツ


 ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)とは、最先端の情報通信技術等を用いて人と道路と車両とを一体として構築することにより、交通管理の最適化等を図り、道路交通の安全性、輸送効率、快適性の飛躍的向上を実現するとともに、渋滞の軽減等の交通の円滑化を通し環境保全に大きく寄与する等、真に豊かで活力ある国民生活の実現に資するものです。

 警察は道路交通の管理者として、道路交通における安全と円滑を図り、交通公害の防止という目的を達成し、「安全・快適にして環境にやさしい交通社会」の実現を図るため、ITSを積極的に推進しています。

ITSのイメージの一例を紹介しましょう。

交通管理の最適化

交通管理の最適化の図

 交通の安全性、快適性の向上と環境の改善を図るため、渋滞や環境悪化が著しい地域のみならず、道路ネッワーク全体として最適な信号制御を実現する。

ナビゲーションシステムの高度化

ナビゲーションシステムの高度化の図

 ドライバーが移動中に、経路、移動時間等について最適な行動の選択を可能とし、交通流の分散等により、ドライバーの利便性の向上等を図るため、各経路の渋滞情報、所要時間、交通規制情報、駐車場の満空情報等を、オンデマンド等に対応したナビゲーションシステムや情報提供装置により提供する。

 ITSに関する研究開発や実用化は、我が国をはじめ、世界各国で推進されています。我が国におけるITSでは、ITS-Japanが中心となって、官産学が協力しながら進められています。

 また、警察はITSの根幹をなす「交通安全施設の整備」に対しても積極的に取り組んでいます。

すなわち、警察は日本のITSのパイオニアなのです。

信号機の整備イメージ

 例えば、信号機の整備は「交通事故を防止する」などの目的からのITSの重要な取り組みのひとつといえるのです。

(ページトップへ戻る)