警察庁トップページ安全・快適な交通の確保>光が命を守る~暗くなったら必ず付けよう反射材~

光が命を守る~暗くなったら必ず付けよう反射材~

 歩行者や自転車利用者が夜間に交通事故に遭わないようにするためには、反射材用品やLEDライト等を活用することが効果的です。

  反射材用品やLEDライトを活用すると、下の写真のように自動車のライトからの光を反射したり、自ら光ることで、自動車などに早めに自分が道路上にいることを知らせることができます。

靴の反射シート自転車の反射板LEDライト

  夜間に目立ちにくい服装(黒コート・黒靴等)を着用すると、自動車などからは歩行者が見えにくいため、事故に巻き込まれる可能性が高まります。

光が命を守る!~夜間の交通事故を防ぐ反射材~

  • 注 再生にはWindows Media Player等の映像再生ソフトが必要です。
  • 注 以下の文字(青)をクリックすると再生されます。
  • 注 ファイルサイズが大きいのでブロードバンド回線での視聴か、文字を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し、パソコンにあらかじめダウンロードして視聴することをおすすめします。

反射材とは?

 ここでいう反射材とは、再帰性の反射(注1)をする素材を使った靴や鞄に貼ることのできるシール、タスキ、衣服などを指します。

 自動車の前照灯などから出る光が当たるととても明るく光って見えるので、下の写真のように自動車の運転者は反射材を身に付けた人を遠くからでも見つけることができます。

  • 反射材を付けていない人の画像
    (反射材を付けていない人)
  • 反射材を付けている人の画像
    (反射材を付けている人)

 反射材を付けている部分は、自動車から見ると光っているように見えるので、付けていない人よりも付けている人の方が自動車から発見してもらいやすくなります。平成18年に科学警察研究所交通部が発表した研究(注2)では、自動車運転者から見て、「反射材を着用している歩行者」は「着用していない歩行者」よりも2倍以上手前で発見できることがわかっています。

(注1)

 自動車前照灯などから出た光が鏡などに当たると

一部の光が自動車とは違う方向に反射する図
(図1)

 その光はすべて自動車に向けて戻ってくるわけではなく、(図1)のように一部の光は自動車とは違う方向に行ってしまいます。

光がそのまま自動車の方向に戻ってくる図
(図2)

 ところが、特別な工夫をした素材に自動車の前照灯の光を当てると、その光はそのまま(図2)のように自動車の方向に戻ってくるので、自動車からはとても明るく光るように見えます。これを再帰性の反射と言います。

(注2)財団法人国際交通安全学会への投稿論文

反射材用品等の例

歩行者用反射材用品

  • 反射リストバンド
    腕等に付ける反射リストバンド
  • 反射ジャンパー
    反射ジャンパー
  • 反射カバン
    反射カバン
  • 反射かさ
    反射かさ
  • 靴のかかと等に貼る反射シート
    靴のかかと等に貼る反射シート
  • カバンに貼る反射シート
    カバンに貼る反射シート

自転車用反射材用品

  • サイクル(ホイール)リフレクターの写真
    サイクル(ホイール)リフレクター
  • サイクルピアスの写真
    サイクルピアス

(注意)自転車は道路交通法で車両後部に反射材か尾灯を付けることを義務付けられています。定期的に車体を点検して反射材が外れたり、汚れたりしていないか、尾灯がきちんと点灯するかどうかを点検しましょう。

LEDライト

LEDライトの写真

リンク集


(ページトップへ戻る)