警察庁
話してみよう、聞いてみようけいさつのこと
メールマガジン登録・解除
警察の装備・施設の歴史
ホーム 警察活動の変遷 警察官の1日
50周年記念事業紹介
警察クイズ
お知らせコーナー
警察の歴史-信号機の歴史
1234567891011

我が国最初の自動交通信号機

我が国最初の自動交通信号機は、米国製で、灯器を交差点の中央に設置する、いわゆる中央柱式であり、昭和5年3月に東京の日比谷交差点に設置されました。当時、電車以外の通行者は色灯による交通信号を理解せず、なかなか信号に従わない状況でした。このため、交差点の4隅に多数の警察官を連日配置して周知に努め、さらに、信号の意味を一見して分からせるため、青灯に「ススメ」、黄灯に「チウイ」、赤灯に「トマレ」と文字を書くなどして指導したものの、自動信号が広く浸透するには相当の日数を要したのでした。
参考:全国の信号機の基数=187,393基(平成16年3月末現在)
我が国最初の「自動交通信号機」
もどる つづき
警察庁HPへ
現行警察法施行50周年記念