警察庁トップページ>伊勢志摩サミットの成功に向けて

 伊勢志摩サミットやオバマ米国大統領の広島訪問、全国8都市で開催された関係閣僚会合は無事に終了しました。
 サミット等の開催に当たり、警察による警戒警備や交通規制等を始め、様々な御協力をいただいた国民の皆様に御礼申し上げます。
  また、本年9月には、兵庫県神戸市において保健大臣会合が、長野県軽井沢町において交通大臣会合が、それぞれ開催されます。
  これら会合の成功のため、引き続き、警察の活動への御理解と御協力をお願いします。

伊勢志摩サミットロゴマーク

伊勢志摩サミットの会場となる三重県志摩市賢島


はじめに

「伊勢志摩サミット」は、平成28年5月26、27日、三重県志摩市において開催されます。また、関係閣僚会合が4月の広島県広島市において開催される外務大臣会合を皮切りに、全国10都市において開催されます。

ISILは、米国を中心とする有志連合をテロの標的とみなしており、その中には、我が国を始めとする主要7か国が含まれています。また、27年11月のフランス・パリにおける同時多発テロ事件では、スタジアムやレストラン等不特定多数の者が集まる、いわゆるソフトターゲットがテロの標的となりました。

さらに、サイバー攻撃が世界的に頻発していることに加え、過去のサミットでは、17年の英国グレンイーグルズ・サミット開催期間中に、開催地から離れた首都ロンドンで同時多発テロ事件が発生したほか、反グローバリズムを掲げる過激な勢力等による抗議行動が行われています。また、我が国で開催されたサミットにおいては、極左暴力集団による「テロ、ゲリラ」事件等が発生しています。

これらの情勢を踏まえると、伊勢志摩サミットや関係閣僚会合の開催地だけではなく、東京や大阪を始め全国各地において、重要施設や公共交通機関等に対するテロ等を未然防止するための対策が必要となります。

警察では、伊勢志摩サミット等警備に向けた体制を確立するため、27年6月12日、警察庁に次長を長とする「伊勢志摩サミット等警備対策委員会」を設置しました。あわせて、警備局警備課内に同委員会事務局を設置し、伊勢志摩サミット警備の司令塔として全国警察に対する指導や関係省庁等との連絡調整等に当たっています。

また、都道府県警察においては、首脳会議、外務大臣会合、財務大臣・中央銀行総裁会議の開催地を管轄する三重県警察・広島県警察・宮城県警察に加え、中部国際空港を管轄する愛知県警察の4県警察がサミット対策課を設置したほか、全ての都道府県警察において警備対策委員会等を設置して体制を構築し、全国警察が総力を挙げて警備諸対策を推進しています。

伊勢志摩サミットの成功に向けた警察の活動への御理解と御協力をお願いします。

第2回警察庁伊勢志摩サミット等警備対策委員会で訓示する警察庁長官

伊勢志摩サミット等警備に伴う広報用ポスター


リンク

G7伊勢志摩サミット公式ホームページ http://www.g7ise-shimasummit.go.jp


(ページトップへ戻る)